Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたはどうしてる? 辛い時の乗り越え方

人間50年も生きているといろんな経験、楽しかったことや辛かったこと様々な経験する。特に辛すぎて立ち直れないくらいに凹むことだってあったはずだ!そんな辛いことを人は皆、乗り越えてきたのであるが、これから先も辛い事も数多く経験するだろう。そんな時、どのようにして乗り越えていくのか、様々な方法があるので、もしそんな場面に遭遇した時に試してみたいと思っている。

50代からの快適睡眠術

50代になると自然と早朝に目が覚めるようになってしまった。「老化が始まったのか?」と思ったのが率直な感想である(笑)冗談はさておき、これからの時間は有効に過ごしたいと思っている中、一日24時間をどのように使えば充実感が湧くのだろうか。そんな事を考えることが増えてきたのも事実である。そこで、今回は快適睡眠術について記事を書くことにした。

仕事を思い通り進めたい! 相手を納得させる交渉術について

「説得力のある交渉術」魅力的に思っている 会社の仕事でも女性との会話でも断られそうなお願いをYES と言わせるテクニックがあれば・・・ということである。会社員をやっていると特に営業職の時代には、お客様にこちらの要望に対してYESと言って欲しい場面は数えきれないくらいあった。しかも、説得ではなく「お客様に納得していただく」ということ。こうしたスキルを身につけるためには、何よりも人間関係を築くことが 大事だと思う。

50代ダイエット 基礎代謝を上げて痩せやすい身体に変えよう

痩せやすい身体に変えるために 歳を重ねるごとに体重が増加する傾向にあったが、現在はピーク時と比較してマイナス14kgの減量に成功した。食事制限という食いしん坊の私にとっては流石に辛いものがあったが、お腹の贅肉が減った自分の姿を鏡で見ると、それがモチベーションアップに繋がったことは事実である。加えて筋トレを導入し、加速したとは言わないまでも、順調に減量が進んだことも事実。そこで、加齢とともに低下する基礎代謝を維持・向上させて、痩せやすい身体に変えるために「何をすれば良いのか?」についてまとめてみた。

50代会社員 「何故、私は管理職になれないのか?」

「50代 管理職になれない」という検索ワードを見つけた。会社では私の同期入社を含め、50代の一般職で頑張っている人が数多く存在する。私ですら、同じ年を含む年下の上司や他部署には私以上の地位の管理職がいるが、彼らを見ていると「本当に幸せなのか?」と感じることがある。そして、私が知る中で、50代で管理職になれないことを悩んでいる方は、実際のところあまり見受けられない。むしろ、管理職になった時の面倒さ、辛さといったことを知っているがゆえになりたいと思わないと言う方がいる。

40代・50代管理職の必要な能力 褒めるという行為のススメ

褒めるという行為は素晴らしい・・・人間誰しも、褒められると気持ちが良くなるものである。実際に褒められた場合、「そんなことないですよ。」と答えることが多いと思うが、心の中では嬉しい気持ちになっているはず。子供の頃、何か良い事をして親や先生にほめられると有頂天になってしまった記憶がある方も多いと思う。 大人になっても上級管理職から褒められるとやはり嬉しいものである。しかし、会社では褒められることなど、殆どないのが現実だろう。

こんなことあるの? 「メシハラ妻に別室で食事させられる夫の悲哀」

「メシハラ妻に別室で食事させられる夫の悲哀」という記事が目に入ったのでご紹介したいと思う。詳細は、上記リンクをクリックしてサイトを見て欲しいのだが、夫の食事に対して嫌がらせ(ハラスメント)をする妻の話である。「メシハラ」は身体的な暴力行為ではにないとはいえ、夫の精神的ダメージは想像以上のものだと思う。私も私の友人も妻からこんな区別を受けている。

50代からの生き方 【主人在宅ストレス症候群】について

会社の朝礼で、定年間近のスタッフが【主人在宅ストレス症候群】について語っていたことを受けて記事にしたいと思った。恥ずかしながら、彼の話で初めて知った【主人在宅ストレス症候群】という言葉であったからだ。 自分の定年前から妻が「旦那の帰宅時間になると吐き気や動機がする」「夫が家にいるとイライラする」 といった症状を感じていた場合、【主人在宅ストレス症候群】ということになりかねないという話。今現在、良好な夫婦関係を維持されている方ならさほど心配はないと思うが、私の場合は妻がいると、「胃が痛くなる」「顔を合わせるのが苦痛」という症状があるので、【主人在宅ストレス症候群】とは逆に【家内在宅ストレス症候群】と感じている。

50代からでもOK! 人生を変えるセルフイメージを高める方法

セルフイメージを高めることで、自分の人生が変わるとしたら・・・「やってみよう!」と思われた方もいるだろう。セルフイメージを高めることにより、発揮する能力が高まる・出会う人の質が変わる・収入を増やしたい方・ 自分が望むものを得られるようになる・こんな結果が待っていると私は信じている。

神社に参拝 お賽銭の作法について

読者の方々は神社でお賽銭を出す時に、小銭入れにあるお金を見て判断し、お賽銭箱に入れている方もいらっしゃると思う。2年前くらいの自分がまさしくそうだった。子供と一緒に初詣に行く際は、10円や100円を用意して、 子供に渡してお参りをする。これがごく当たり前の初詣であった。しかし、ある本を立ち読み(笑)して、お賽銭に対する考え方が一度に変わった。そんな話を織り交ぜながら、記事を書いていく。

偉人たちの選択 「負けるとわかっていても、やる!」

歴史上の人物は何かの功績や偉業、そして歴史上大きな出来事の主役がクローズアップされがちである。 しかし、つぶさに歴史上の人物をみていくと、そこには最高の社会的地位を投げ捨て「負けるとわかっていても、やる!」道を行った人物の存在に気がつく。このような意気込みを持ち、敢えて負ける道を選んだ心に惹きつけられるものだ。

騙されるな! ネットビジネス 初心者におすすめとかいう詐欺の特徴

ネットビジネスと聞くと胡散臭い、、詐欺、とか悪評が先にイメージ出来る言葉として認識される方が多いと思う。果たして、ネットビジネスは詐欺ばかりなのか?本当に稼げるのか?これから将来に対し経済的不安を感じる方々には逆に気になる言葉かも知れない。今回は、ネットビジネスについて私の経験談も含めて記事にしていこうと思う。実際にネットでいくつか購入したネットビジネスの教材がある。多額の投資をしたこともあるが、どちらかというと慎重なタイプであるため、また資金的にも余裕がなかったことから大きな被害はなかった。この記事を最後まで読まれた方は、ラッキーであると思っていただくようしっかりと記事にしたい。

会社を辞めてフリーランスで働こうとする前に

フリーランスで働きたいあなたが知っておくべきことは何か?私の友人に世界的にも有名なメーカーに勤務していたが、上司との軋轢などの理由によりフリーランスで仕事をしている。彼と付き合っていくと、これまでやってきた仕事に対する自信、そして構築してきた人脈もあり、フリーランスとして生計を立てられる環境にあったことが十分に理解できた。フリーランスは、時間や場所に縛られず自由に働く理想的な働き方だが、その一方でリスクも伴うのは事実。

50代会社員 会社を辞めたいと思った方へ

長年、会社勤めをしていると、「会社を辞めたい!」と思ったことがある方もいるだろう。転職可能な年齢が上昇傾向にあるとはいえ、50代ともなると勇気がいるものである。会社を辞めることに安易な気持ちで考える方は皆無だろうが、しっかりとした計画を立てなければ、独身の方を含め、生活が困窮してしまうことになってしまうので、慎重に進めたいものである。そもそも会社を辞めたいと思う理由は何だろうか?そのように思う原因を除去すれば、今の会社で勤務出来るのならそれに越したことはないだろう。世間一般的に考えられる会社を辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみる。

「稼ぐ力」を身につけよう 老後の貧乏生活 こんなことにならないために

私の会社でも定年再雇用制度があるが、実際に働く大先輩の話を聞くと「生活を維持するのも大変だ!」という声を多数聞く。さらに義理の両親においては、堅実に堅実を重ねて生きてきたはずなのに、さらに生活を切り詰めて毎日を暮らしている。さて、我々50代はこれからどのように経済的余裕を生み出していくのか、そのあたりについても真剣に考えないとあっという間に定年を迎え、「老後の貧乏生活」に陥ってしまうことになってしまう。倹約も必要だが、いくつになっても収入を得る手段、つまり50代でも性別を問わず「稼ぐ力を身につける」ことが必要であると思っている。

悲報!鉄人と呼ばれた男 衣笠祥雄逝く

私たちの世代のプロ野球名選手が一人天国へ旅立ってしまった。元広島東洋カープ「衣笠祥雄」さん。残念であります。山本浩二さんと二人で、カープを盛り上げた選手であることを記憶している方も多いだろう。「鉄人 衣笠祥雄」鉄人と呼ばれるに相応しい選手だった。デッドボールを受けても一塁に向かう姿勢は、立派なものだった。

男の頬・顔痩せの方法 男でも顔痩せしたいよね

ダイエットをしていると、身体は引き締まるが、どうしても顔のたるみやむくみが気になってくる。今では女性のみならず、男性専用のエステもあるくらいだから男性も“美”に対する意識が向上してきたと思う。このような顔の状況は、若い時にはあまり感じることがなかった。少し前に「これで50代?」と思うようなとても若く見える男性の記事を紹介した。ここまでならなくとも、少しは自分の外見も磨くことが必要だな、感じた方も多いだろう。自分に対する性からの関心を高めたいという気持ちは無くはないが、老後を健康に過ごし、いつまでも子供から素敵な父親であるためにも自分磨きの一つとして、ダイエットを続けていきたいと思う。

最低限の給与すら払えない会社が「副業禁止」を言う資格はない

副業で月10万位は手に入れたいと思い、ネットビジネスを手掛け、今では多い月で30万を稼げるようになった。得られた報酬は学費に消えてしまうが、それでも借金を増やさずに何とか生活出来ているのもネットビジネスのおかげである。会社の就業規則では、副業を禁止する条文があるが、私の解釈では他人・他の会社に雇用され、収入を得ることを禁止している。