Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

管理職一覧

人の深層心理は行動に現れる

本日、役員に呼ばれて打ち合わせの場に行った。どうやら私に自分がしたい仕事の依頼をしたかったようだ。面と向かってその仕事の依頼を受けたのは初めてであるが、そのまえに「この仕事を頼むようになるかもしれない」と一言あったので、覚悟は出来ていた。その役員は、各グループ会社の上級管理職が一同に集まる会議にて、 自分がやりたい仕事の内容を紹介し、全社で取り組む形となった。

あなたにもある!無意識の中で働く「防衛機制」

人間が持つこうした「防衛メカニズム」を知り、まずは管理職たるものがこうした「防衛メカニズム」を部下たちに見本を示さないように「自分の防衛メカニズム」の特性や自分が無意識している行動特性を把握することから始めていくことが必要だ。部下たちは、我々管理職の行動や言動をしっかり見ている。我々管理職は、部下にとっての反面教師とならないように隙を見せてはならないのである。

自分の心との対話でわかったこと 「無意識的行動」の影響

自分の行動には、「意識」して行動することと、「無意識」に行動することの二つに分かれる。特に「無意識」に行動していることは、当然自分がきづかず、相手は気づいているということになるのだが、場合によっては自分の「無意識」に行動していることが身近な相手に大きな影響を及ぼしている場合があることを知っておくと人間関係を悪化させることなく良好な関係を維持できる可能性が高くなる。

会社における防衛コストについて

防衛コストと聞くと、国防に対するコストと勘違いしそうだが、ここで言う防衛コストとは、組織内における防衛コストの事である。人間には、危険から自分の身を守るという本能的に反応するといった「防衛本能」というものがある。例えば、親に怒られるから悪い点数だったテストの答案用紙を隠す、上司に怒られるからお客様とのトラブルの事実の報告がいうのをためらう、といったことだ。特に後者においては、その報告が遅延することで組織に取って大きなダメージを与える可能性もある。これらは一例だが、会社で日々発生している人間の防衛本能が生産性を落としている事実についてどれだけの方が認識しているのか、私は疑問に思っている。

自分の行動 反省と内省

前回の記事では、「自分が発する情報に対し、相手が反応する」ということと、人間関係においては、自分が発した情報が今後の関係性に影響を及ぼすと書いた。そして、無意識にとっている自分の行動は、「自分の心」との対話によって、理解を深めることが出来であろうとも書いている。そこで今回は、自分の心を振り返るという ところを少し掘り下げた記事を書こうと思う。

部下を潰すリーダーの特徴とは?

仕事といいつつ、部下を追い込み、その部下をストレスで潰してしまうというリーダーが存在する。私の上司がまさにそのタイプである。このようなリーダーは、周りから「切れ者」と称されることが多いが、実は仕事の効率良く、成果を出すという表向きの理由を言い訳にして、自分の評価を最優先にするといったタイプであると私はそう捉えている。何故なら、意見の完全否定人前での罵倒小部屋での説教の繰り返しを行うからである。この繰り返しをされた部下は、かなりの高い確率でメンタル不全に陥ってしまうはずである。

関わると面倒な人 会社の上司編

長年、会社勤めをしていると、関わると本当に面倒な人に必ず会ってしまう。とにかく細かい異常なくらいに自分の立場を気にする何かにつけて文句を言う自分の意見が通らないと不機嫌になる相手の話を全く聞かないこのようなタイプの人間とのやり取りは本当に面倒である。同僚や後輩ならまだしも上司ともなるとかなり面倒である。今回のそんなタイプの人にスポットを当てた記事を書いていく。

会社の立場よりも自分の立場が大事な人たち

記事タイトルのように「会社の立場よりも自分の立場が大事な人たち」が実際に自分の両隣にいた心境を綴っていく。おそらくこんな経験をしたことがない方が多いだろうが、これはノンフィクションである。登場人物その1 パワハラ上司(部長職・男性)登場人物その2 一般職(女性)誤解の無いように書いておくが、男女を区別する意識は毛頭ない。世間一般的に「ビジネスパーソン」と言う視点で考察をする。ある会議体の出来事である。

報連相という「コミュニケーション」について

50代の方々の中では、管理職を務める方もたくさんいらっしゃるだろう。その中には、「部下が自分になかなか報告をしない」といった悩みを抱えている方も少なからずいらっしゃると思う。そこで、今日は【あなたの部下が「報連相」をしない本当の理由】というyahooの記事があったのでその記事をご紹介するとともに、私の私見を述べてみたいと思う。

仕事を思い通り進めたい! 相手を納得させる交渉術について

「説得力のある交渉術」魅力的に思っている 会社の仕事でも女性との会話でも断られそうなお願いをYES と言わせるテクニックがあれば・・・ということである。会社員をやっていると特に営業職の時代には、お客様にこちらの要望に対してYESと言って欲しい場面は数えきれないくらいあった。しかも、説得ではなく「お客様に納得していただく」ということ。こうしたスキルを身につけるためには、何よりも人間関係を築くことが 大事だと思う。

50代会社員 「何故、私は管理職になれないのか?」

「50代 管理職になれない」という検索ワードを見つけた。会社では私の同期入社を含め、50代の一般職で頑張っている人が数多く存在する。私ですら、同じ年を含む年下の上司や他部署には私以上の地位の管理職がいるが、彼らを見ていると「本当に幸せなのか?」と感じることがある。そして、私が知る中で、50代で管理職になれないことを悩んでいる方は、実際のところあまり見受けられない。むしろ、管理職になった時の面倒さ、辛さといったことを知っているがゆえになりたいと思わないと言う方がいる。

40代・50代管理職の必要な能力 褒めるという行為のススメ

褒めるという行為は素晴らしい・・・人間誰しも、褒められると気持ちが良くなるものである。実際に褒められた場合、「そんなことないですよ。」と答えることが多いと思うが、心の中では嬉しい気持ちになっているはず。子供の頃、何か良い事をして親や先生にほめられると有頂天になってしまった記憶がある方も多いと思う。 大人になっても上級管理職から褒められるとやはり嬉しいものである。しかし、会社では褒められることなど、殆どないのが現実だろう。

理想の管理職とは その2

会社員生活を通じて様々な管理職と接してきたが、彼らの行動や言動を通じて「理想の管理職とは」を考えてみた。基本的に理想の管理職とは、自分が一般職の時代に求めた管理職像を考えると、おのずと答えが出ると思う。仕事上、ミスや何かの問題に直面した時、管理職としての本領発揮の場面であるから、その時点で理想の管理職像が一般職なりにイメージ出来ると思う。特にお客様商売を生業としている会社なら上手くトラブルを解決し、再発防止まで手を打てるような管理職は、部下からの信頼も厚いと考える。今回はその2ということで理想の管理職について締めくくることとする。

理想の管理職とは その1

会社員生活を通じて様々な管理職と接してきたが、彼らの行動や言動を通じて「理想の管理職とは」を考えてみた。基本的に理想の管理職とは、自分が一般職の時代に求めた管理職像を考えると、おのずと答えが出ると思う。仕事上、ミスや何かの問題に直面した時、管理職としての本領発揮の場面であるから、その時点で理想の管理職像が一般職なりにイメージ出来ると思う。特にお客様商売を生業としている会社なら上手くトラブルを解決し、再発防止まで手を打てるような管理職は、部下からの信頼も厚いと考える。今回はその1ということで理想の管理職について私見を述べていきたい。