Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夢を実現させる一覧

付き合う人で人生は変わるのか?50代、これから良い人生を歩むために

50代に入って、自分の人生を振り返ること幾度ともなくあったと思う。もし~だったら、とか、もし~であれば、とかそんな思いをしたこともあるが、今、自分の周りにいる人も含めて、自分の人生に大きな影響を及ぼしたと思う人がたくさんいる。そう考えると、つきあう人で人生が変わる、ということを受け入れざるを得ないのでは ないだろうか。こうした人の人との付き合いに対して代表的な故事が二つある。ひとつは、「朱に交われば赤くなる」もう一つは、「類は友を呼ぶ」この二つだ。

自分の身に起こったことをどのようにとらえるか?

人間生きていると、楽しいことや辛いことなど様々なことを経験する。例えば、階段で足を踏み外して転びそうになったといった小さなことも含めると相当な数になると思う。この階段で足を踏み外した事例の場合、私ならどのように捉えるのかというと、「今日一日、普段以上に慎重に行動しよう!」というように考えることにしている。そうすることで、今日一日に自分にとってネガティブな出来事がなくても前述のような考えかたをしたからこそ、 平和な一日を過ごせたと解釈するようにしている。

頭の良い人の特徴 強い確信を持っている

自分の周りにも数少ないが「頭の良い」人が存在する。傾向的には、どんな仕事の分野でも必ずゴール(最終到達点)を決めてそれを常に頭において最適な道を模索しながら行動していることがよくわかる。自分の頭の中で明確なゴールがビジュアルにイメージ出来ているので、それを具現化するための方法をひたすら思考しているはずだ。 例え、予期しない事象が起きても不思議と修正を行っている。

頭の良い人の特徴

「頭が良い」と一言で表現することがあるが、何を持って「頭が良い」と評価されるのか?ということを考えてみた。感覚的に学生時代の頭の良さと社会人になってからの頭の良さは異なることは理解できるが、定義付けしてみると意外と難しい。学生時代の頭の良さというのは、試験で良い点を取る運動は何でもこなせるといったことをイメージするが、これは成績表と言う数値化されたもので優劣が明確になっているからだと思う。

英語力をつけるには

大抵の人は「英語が話せたらいいなぁ」と思ったことがあるだろう。義務教育を終えてからも、英語圏の方々と会話をする機会がほとんどなかった私は、英語に触れる機会と言えば、洋楽を聴くことくらいしかなかった。しかし、新婚旅行や海外研修などに行った際に痛切に思うのが「英語を勉強しておけば良かった!」という気持ちになることである。

50代でもまだまだイケる!勝ちグセをつけるその方法について

会社には、いうも結果を出す人、そうでない人に二分される。結果を出す人は仕事が出来る、すなわち勝ち癖がついている人だ。そんな勝ち癖がついた「仕事が出来る人間になりたい!」そんな気持ちになったことがこれまでの人生の中で少なからずあると思う。常勝、とても良い響きだ。そんな勝ち癖をつけるための方法があるという。

40代・50代必見! 武田邦彦 「この20年で2割もダウン。なぜ日本人だけ「賃金」が上がらないのか?」

詳細は上のリンク先の記事をご覧頂きたいのだが、消費増税をしなくてはいけない理由を散々ニュースで聞いてきたが、武田教授によると政治家や官僚たちが自分の利権や私腹を肥やすために、消費税や国債を使って国民からお金を吸い上げていると指摘。そのカラクリが上記リンク先の記事に掲載されている。 そのカラクリが上記リンク先の記事に 掲載されている。

50代からでもOK! 人生を変えるセルフイメージを高める方法

セルフイメージを高めることで、自分の人生が変わるとしたら・・・「やってみよう!」と思われた方もいるだろう。セルフイメージを高めることにより、発揮する能力が高まる・出会う人の質が変わる・収入を増やしたい方・ 自分が望むものを得られるようになる・こんな結果が待っていると私は信じている。

偉人たちの選択 「負けるとわかっていても、やる!」

歴史上の人物は何かの功績や偉業、そして歴史上大きな出来事の主役がクローズアップされがちである。 しかし、つぶさに歴史上の人物をみていくと、そこには最高の社会的地位を投げ捨て「負けるとわかっていても、やる!」道を行った人物の存在に気がつく。このような意気込みを持ち、敢えて負ける道を選んだ心に惹きつけられるものだ。

50代会社員 会社を辞めたいと思った方へ

長年、会社勤めをしていると、「会社を辞めたい!」と思ったことがある方もいるだろう。転職可能な年齢が上昇傾向にあるとはいえ、50代ともなると勇気がいるものである。会社を辞めることに安易な気持ちで考える方は皆無だろうが、しっかりとした計画を立てなければ、独身の方を含め、生活が困窮してしまうことになってしまうので、慎重に進めたいものである。そもそも会社を辞めたいと思う理由は何だろうか?そのように思う原因を除去すれば、今の会社で勤務出来るのならそれに越したことはないだろう。世間一般的に考えられる会社を辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみる。

「稼ぐ力」を身につけよう 老後の貧乏生活 こんなことにならないために

私の会社でも定年再雇用制度があるが、実際に働く大先輩の話を聞くと「生活を維持するのも大変だ!」という声を多数聞く。さらに義理の両親においては、堅実に堅実を重ねて生きてきたはずなのに、さらに生活を切り詰めて毎日を暮らしている。さて、我々50代はこれからどのように経済的余裕を生み出していくのか、そのあたりについても真剣に考えないとあっという間に定年を迎え、「老後の貧乏生活」に陥ってしまうことになってしまう。倹約も必要だが、いくつになっても収入を得る手段、つまり50代でも性別を問わず「稼ぐ力を身につける」ことが必要であると思っている。

これでマジ!?50歳なの? 筋トレの効果を上げる方法

最近では、何だか筋トレブームのようなものを感じているが、どうせやるなら効率よく筋トレの効果を高めていきたいところである。そこで、筋トレの7原則というものがあるらしいので、ご紹介したいと思う。 と、その前に・・・ 我々50代の男性にとって、 目指すべき身体を持つシンガポールの ある男性を紹介したい。

男性としての自信をつける

これまでの人生の中で、自分に自信を持てずに損をしているのだろうなぁと感じた人を見たことがあるだろう。しかし、そういった人ほど、理想の自分を持っているそうだ。さて、男性としての自信を持つということが決して難しくはないはずなので、何か落ち込むようなことがあってもこれを読んだらすぐに復帰できるようにしたいという動機で記事を書いていこう。