Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

50代 健康管理一覧

【健康管理】定年後に備える肉体改造 筋トレと食事について

男女ともに60歳以降になると「筋肉量」と「骨量」が急激に減少!筋肉に関して言うと60歳から男性も女性も 体幹、全身、下肢の筋肉の衰えが急激に加速する。特に下肢の筋肉量の減少には対策を打つことが必要だ。骨量に関して言うと、男性は60歳から、女性は50代以降に急激に減り始める。女性の場合は、閉経によってホルモンのバランスが崩れることがきっかけになるようだ。

脳の老化「新しいことを学べない脳」睡眠不足でカスが溜まる?

脳の老化「新しいことを学べない脳」睡眠不足でカスが溜まる?脳と言う臓器はご存知の通り、精密機械のようなものである。コンピューターで例えると、マザーボードにある無数の回路と言う表現の方がしっくりくる。このマザーボードにある無数の回路は脳の神経細胞であるニューロン。人間は、脳を使い続けていると、その神経細胞にカスが溜まって行くと言う。カス、つまり脳で生成される老廃物は、ニューロンとその繋ぎ目のシナプスとの間に溜まるそうだ。

日本人は糖尿病になる人が多い?糖尿病にならないための食事の注意点

50歳を超えると、成人病にかかるリスクを気にするようになった。「もっと健康に留意しておけば良かった」と後悔しないように、今から出来ることはやっておきたいと思っている。そこで、成人病の代表格である糖尿病について調べてみたのでこのブログでその内容を書いていく。日本人は糖尿病になる人が多い?糖尿病にならないための食事の注意点日本人は、糖尿病になる人が多いのか?実は、日本人は体質的に白人・黒人と比較して糖尿病になる 確率が高いというデータがあるようだ。

【50代のダイエット】これからの人生を楽しむためにトライしよう

今のあなたの体重は、人生の中で最大値でなければまだ良いが、私の場合は2年くらい前は最大値の96kgだった。高校卒業時は、68kgだったので28kgほど上昇したのである。人間ドックの結果は、当然判定Aなどはまったくなく、毎年脂肪肝や血糖値などといった成人病になってもおかしくない結果で、要観察・要再検査という項目が目立ったのである。しかし、それから1年半をかけて78kgまで落とすと、見事に判定B・Cが軒並みAに変化したのである。

物覚えが悪くなった 40代くらいから?

「人の名前がなかなか出てこない!」という感覚を覚えたのはいつごろのことだろうか?「きっと老化が始まったんだ!」なんて思ってしまったことがある。高齢になった親との会話をする時に「あれ?誰だっけ?」という言葉が親の口から出てくると「年を取ったな。」というイメージがあるからなおさらそのように思うのだろう。こうして歳を重ねると物覚えが悪くなったのは老化が原因と紐づけても不思議はない。

気温上昇!エアコンのカビを掃除しないと健康を害するぞ!

「夏が近づいている」そんな気候が続き、我が家でもエアコンが稼働するようになった。このブログの読者の方も同じ状況であると想像する。戸建て住みであるが、立ててから10年を経過。家庭用エアコンの寿命は、約13年とも言われている。そろそろか?と思うものの、子供たちの学費負担が厳しい中、エアコンを買い替える余裕はない! そこで、延命するためにメンテナンスを自分でやることにしているのだが、そのメンテナンスを怠ると健康を害する、という記事を発見したので、次の休みの日に早速エアコンの掃除をしようと思っている。

自宅で出来る! 大胸筋の鍛え方

自宅で出来る! 大胸筋の鍛え方・・・世の中には引き締まった身体を持つ50代男性はたくさん存在する。今日、たまたま出張途中でお昼の食事をしていた時に、歌手の郷ひろみさんがテレビに出ていた。彼はもう62歳。とても60代には見えない人だ。もちろん、芸能人だから、それなりの収入もあり、それなりのトレーニング環境があるとはいえ、鍛えれば60代でも彼のような身体を手に入れることが出来るということだ。

50代からの快適睡眠術

50代になると自然と早朝に目が覚めるようになってしまった。「老化が始まったのか?」と思ったのが率直な感想である(笑)冗談はさておき、これからの時間は有効に過ごしたいと思っている中、一日24時間をどのように使えば充実感が湧くのだろうか。そんな事を考えることが増えてきたのも事実である。そこで、今回は快適睡眠術について記事を書くことにした。

50代ダイエット 基礎代謝を上げて痩せやすい身体に変えよう

痩せやすい身体に変えるために 歳を重ねるごとに体重が増加する傾向にあったが、現在はピーク時と比較してマイナス14kgの減量に成功した。食事制限という食いしん坊の私にとっては流石に辛いものがあったが、お腹の贅肉が減った自分の姿を鏡で見ると、それがモチベーションアップに繋がったことは事実である。加えて筋トレを導入し、加速したとは言わないまでも、順調に減量が進んだことも事実。そこで、加齢とともに低下する基礎代謝を維持・向上させて、痩せやすい身体に変えるために「何をすれば良いのか?」についてまとめてみた。

男の頬・顔痩せの方法 男でも顔痩せしたいよね

ダイエットをしていると、身体は引き締まるが、どうしても顔のたるみやむくみが気になってくる。今では女性のみならず、男性専用のエステもあるくらいだから男性も“美”に対する意識が向上してきたと思う。このような顔の状況は、若い時にはあまり感じることがなかった。少し前に「これで50代?」と思うようなとても若く見える男性の記事を紹介した。ここまでならなくとも、少しは自分の外見も磨くことが必要だな、感じた方も多いだろう。自分に対する性からの関心を高めたいという気持ちは無くはないが、老後を健康に過ごし、いつまでも子供から素敵な父親であるためにも自分磨きの一つとして、ダイエットを続けていきたいと思う。

これでマジ!?50歳なの? 筋トレの効果を上げる方法

最近では、何だか筋トレブームのようなものを感じているが、どうせやるなら効率よく筋トレの効果を高めていきたいところである。そこで、筋トレの7原則というものがあるらしいので、ご紹介したいと思う。 と、その前に・・・ 我々50代の男性にとって、 目指すべき身体を持つシンガポールの ある男性を紹介したい。