Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自分の人生一覧

【稼ぐ力】これからの時代はお金を稼ぐ力がある人が勝ち組となる

60歳を迎えるまでに理想的な貯蓄額に満たない場合、会社から支給される給料のほかに収入源が必要であり、少しでも貯蓄に回せるものが欲しい。こうした背景もあり、収入源を確保するために様々なことをしてきた。会社の給料以外にお金を得ることが出来る自分に対し、自信や喜びもあったが同時にいくつになっても稼ぐ力の大事さを知るきっかけでもあった。

頭の良い人の特徴

「頭が良い」と一言で表現することがあるが、何を持って「頭が良い」と評価されるのか?ということを考えてみた。感覚的に学生時代の頭の良さと社会人になってからの頭の良さは異なることは理解できるが、定義付けしてみると意外と難しい。学生時代の頭の良さというのは、試験で良い点を取る運動は何でもこなせるといったことをイメージするが、これは成績表と言う数値化されたもので優劣が明確になっているからだと思う。

会社を辞めてフリーランスで働こうとする前に

フリーランスで働きたいあなたが知っておくべきことは何か?私の友人に世界的にも有名なメーカーに勤務していたが、上司との軋轢などの理由によりフリーランスで仕事をしている。彼と付き合っていくと、これまでやってきた仕事に対する自信、そして構築してきた人脈もあり、フリーランスとして生計を立てられる環境にあったことが十分に理解できた。フリーランスは、時間や場所に縛られず自由に働く理想的な働き方だが、その一方でリスクも伴うのは事実。

50代会社員 会社を辞めたいと思った方へ

長年、会社勤めをしていると、「会社を辞めたい!」と思ったことがある方もいるだろう。転職可能な年齢が上昇傾向にあるとはいえ、50代ともなると勇気がいるものである。会社を辞めることに安易な気持ちで考える方は皆無だろうが、しっかりとした計画を立てなければ、独身の方を含め、生活が困窮してしまうことになってしまうので、慎重に進めたいものである。そもそも会社を辞めたいと思う理由は何だろうか?そのように思う原因を除去すれば、今の会社で勤務出来るのならそれに越したことはないだろう。世間一般的に考えられる会社を辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみる。

「稼ぐ力」を身につけよう 老後の貧乏生活 こんなことにならないために

私の会社でも定年再雇用制度があるが、実際に働く大先輩の話を聞くと「生活を維持するのも大変だ!」という声を多数聞く。さらに義理の両親においては、堅実に堅実を重ねて生きてきたはずなのに、さらに生活を切り詰めて毎日を暮らしている。さて、我々50代はこれからどのように経済的余裕を生み出していくのか、そのあたりについても真剣に考えないとあっという間に定年を迎え、「老後の貧乏生活」に陥ってしまうことになってしまう。倹約も必要だが、いくつになっても収入を得る手段、つまり50代でも性別を問わず「稼ぐ力を身につける」ことが必要であると思っている。

男性としての自信をつける

これまでの人生の中で、自分に自信を持てずに損をしているのだろうなぁと感じた人を見たことがあるだろう。しかし、そういった人ほど、理想の自分を持っているそうだ。さて、男性としての自信を持つということが決して難しくはないはずなので、何か落ち込むようなことがあってもこれを読んだらすぐに復帰できるようにしたいという動機で記事を書いていこう。

自信がつく言葉を探そう

「自信がつく」ことよりも「自信をなくす」方が世間一般的には 多いのではないだろうか?自分より成績の良い同級生、自分より仕事の精度が高い同僚、自分より人間力が高い人物、自分より女性に好かれる男性などなど。これは結局、自分と他人を比較して評価していることに過ぎない。そもそもこうした評価軸で判断するのが間違っていると思う。比較するのは他人ではなく、「昨日の自分」と比較すること!こうした習慣をつけていくと、自信がつくはずだ。