Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

後悔しない生き方一覧

付き合う人で人生は変わるのか?50代、これから良い人生を歩むために

50代に入って、自分の人生を振り返ること幾度ともなくあったと思う。もし~だったら、とか、もし~であれば、とかそんな思いをしたこともあるが、今、自分の周りにいる人も含めて、自分の人生に大きな影響を及ぼしたと思う人がたくさんいる。そう考えると、つきあう人で人生が変わる、ということを受け入れざるを得ないのでは ないだろうか。こうした人の人との付き合いに対して代表的な故事が二つある。ひとつは、「朱に交われば赤くなる」もう一つは、「類は友を呼ぶ」この二つだ。

人間は孤独に耐えられない?

50年も生きていると、孤独感を感じたことが少なからずあるだろう。一番印象に残っているのが、「管理職」になった時だ。かつての同僚の視線が、今までのようなものではなく、何故か「冷たさ」を感じたものであった。 当の本人は、「管理職」になったことで、偉ぶったり、あるいは高圧的な態度を取ったりしたつもりは全くないが、それにしても不思議と彼らの視線に冷たさを感じるようになった。

自分の身に起こったことをどのようにとらえるか?

人間生きていると、楽しいことや辛いことなど様々なことを経験する。例えば、階段で足を踏み外して転びそうになったといった小さなことも含めると相当な数になると思う。この階段で足を踏み外した事例の場合、私ならどのように捉えるのかというと、「今日一日、普段以上に慎重に行動しよう!」というように考えることにしている。そうすることで、今日一日に自分にとってネガティブな出来事がなくても前述のような考えかたをしたからこそ、 平和な一日を過ごせたと解釈するようにしている。

頭の良い人の特徴 強い確信を持っている

自分の周りにも数少ないが「頭の良い」人が存在する。傾向的には、どんな仕事の分野でも必ずゴール(最終到達点)を決めてそれを常に頭において最適な道を模索しながら行動していることがよくわかる。自分の頭の中で明確なゴールがビジュアルにイメージ出来ているので、それを具現化するための方法をひたすら思考しているはずだ。 例え、予期しない事象が起きても不思議と修正を行っている。

頭の良い人の特徴

「頭が良い」と一言で表現することがあるが、何を持って「頭が良い」と評価されるのか?ということを考えてみた。感覚的に学生時代の頭の良さと社会人になってからの頭の良さは異なることは理解できるが、定義付けしてみると意外と難しい。学生時代の頭の良さというのは、試験で良い点を取る運動は何でもこなせるといったことをイメージするが、これは成績表と言う数値化されたもので優劣が明確になっているからだと思う。

同僚との人間関係を大事にしよう

入社して転職することなく長年同じ会社に勤めていると、数多くの人々と面識を持つことになる。最近、感じていることは、しばらくの間、接点がなかったのに20代の頃に一緒に仕事をした方々と再び仕事上の接点が復活する傾向にあることだ。さて、こうして再び仕事上の接点があると懐かしさも感じ、あるいは互いの成長も感じてさらに良い仕事が出来そうな感覚になる。

50代でもまだまだイケる!勝ちグセをつけるその方法について

会社には、いうも結果を出す人、そうでない人に二分される。結果を出す人は仕事が出来る、すなわち勝ち癖がついている人だ。そんな勝ち癖がついた「仕事が出来る人間になりたい!」そんな気持ちになったことがこれまでの人生の中で少なからずあると思う。常勝、とても良い響きだ。そんな勝ち癖をつけるための方法があるという。

ストレス発散方法 男性版

ストレス発散方法について書く。過去に強烈なパワハラ上司が原因でうつ病を患ったが、今では再発することもなく、元気に勤務している。その経験もあったおかげで、ストレス発散方法を会得し、ある程度のストレスにも対応出来るようになった。この記事をご覧になった方は、私のようにうつ病と診断されるようなことなく、普段から自分なりのストレス発散方法をみつけ、穏やかな生活を送って欲しいと思っている。

現状を変えたい時はどうするか

長年生きていると自分が思った状況になるとは限らない。現状を変えたいと思うことが多々ある。そんな時、そんな心構えでいるのが最適なのか、現状を変えるためにはどんなアクションが最適なのか、そのあたりについて持論を書いた。現状を変えたいと思った方々の参考になれば幸いである。