Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

頭の良い人の特徴

スポンサーリンク



学生時代の頭の良さと社会人の頭の良さの違い

「頭が良い」と一言で

表現することがあるが、

何を持って「頭が良い」と評価されるのか?

ということを考えてみた。

画像引用元:https://goo.gl/LQFZ16

感覚的に

学生時代の頭の良さと

社会人になってからの頭の良さは

異なることは理解できるが、

定義付けしてみると意外と難しい。

学生時代の頭の良さというのは、

試験で良い点を取る

運動は何でもこなせる

といったことをイメージするが、

これは成績表と言う数値化されたもので

優劣が明確になっているからだと思う。

社会人になってからは

人間関係と言う要素が新たに加わることになる。

つまり、仕事をするうえで

互いの信頼関係

コミュニケーション能力

という社会人としてビジネスパーソンとして

総合的な評価が加わるということだ。

このような要素は残念ながら

数値化することは極めて困難である。

しかし、

そういった社会人・ビジネスパーソンとして

魅力ある人物以外にも「頭が良い」

思ってしまうタイプがいる。

このようなタイプは

実は周りから「頭が良い」と評価されるような

思考回路を持って生きているのではないか?

そんな風に思うようになってきた。

だとしたら、

自分も彼らのような行動や言動を

真似ると「頭の良い」人と評価されるような

人物に近づけることが可能ではないか?

もっとも「頭の良い」人と周りから認識されたいと

思っている人に限るが・・・

「頭が良い」人と評価される要素

情報処理能力に長けている

インターネットの普及により、

情報過多の時代と言われて久しくなるが、

有益な情報を取捨選択することに

長けているということだ。

画像引用元:https://goo.gl/LQFZ16

何か欲しいものを買う時や

仕事をする時、

人と話す時といった場面では

最適な選択が出来るタイプ。

逆にこのようなタイプの人は

「頭が良い」とは決して思わない。

解決したい問題があっても

自分で調べようとせず周りの人に聞く

こうしたタイプの人は、

聞いたことを自分のものに出来ないので、

何度も何度も同じことを聞いてくるのだ。

一方、「頭の良い」人は

人の話を鵜呑みはせず、

自分でその情報を検証する動きを

取っているはずだ。

そこで確証が得られれば、

人と話す場面においても自信を持って

話すことになるから、

周りからの印象も良くなってくるのである。

さらにこのような「頭の良い」人は、

入手した情報の整理も上手である。

情報の整理が上手いために、

相手に何かの話題を話す時には

わかりやすく表現をする。

参考記事:男性としての自信をつける

だからコミュニケーション能力が高いと

まわりから評されるのである。

相手に自分の考えや意見を話す時、

相手の情報レベルや理解力に応じて

話すことができるため、

どんな相手でも好印象を与えることが可能。

つまり、コミュニケーション能力が高い人は

「頭が良い」と評される要因のひとつだと

私は考えている。

さらに言うとコミュニケーション能力

高い人は会話のスピードの

コントロールにも長けていると言える。

わかりやすく話すということは、

使う言葉や順序立てて話す意外にも

話すスピードも大事だということになる。

このほかにも「頭が良い」と評される人の

特徴があるが、

次の記事でさらに書いていこうと思う。