Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

物覚えが悪くなった 40代くらいから?

スポンサーリンク



物覚えが悪くなった 40代くらいから?

「人の名前がなかなか出てこない!」

という感覚を覚えたのは

いつごろのことだろうか?

「きっと老化が始まったんだ!」

なんて思ってしまったことがある。

画像引用元:https://goo.gl/CVXkda

高齢になった親との会話をする時に

「あれ?誰だっけ?」という言葉が親の口から

出てくると「年を取ったな。」という

イメージがあるからなおさらそのように

思うのだろう。

こうして歳を重ねると物覚えが悪くなったのは

老化が原因と紐づけても不思議はない。

そこで

物覚えが悪くなる現象を開設している

サイトがあったのでご紹介する。

「加齢で記憶力が低下」は誤解

この記事のサブタイトルは

「知能も低下せず、問題は前頭葉老化」

とあった。

知能自身はその能力は、年齢とともに

低下するようなものではないと記載されてあった。

詳細は、この記事にお任せするが、

この記事によると復習する機会があまりない

社会人だからこそ

感じる現象であるとしている。

普段の生活を振り返ってみると、

例えば

「ある漢字」がどうしても思い出せない

場面では、

ワープロソフトの発達で最適な

漢字変換がなされるようになった半面、

活字を読む機会が激減したというのが

実際のところだ。

学生の頃は、

毎日活字を読み、文字を書いたが

社会人になってしばらくすると

ワープロが登場し、

文字を書く機会がめっきり減った。

さらに読書量が低下し、

活字を読む機会も同様に減ってきた。

このような生活を繰り返してきたので、

今の状態は当然の結果と言える。

しかし、復習する機会が減ったことが

漢字を思い出せない理由だとは

言い切れないとするのが、

次の動画にある脳科学者の中野氏である。

この動画を視聴すると

脳は何で出来ているのか?

を解説しているが、

この話を聞くとびっくりする話を

聞くことが出来る。

中野氏によると

物覚えが悪くなる理由には

二つあると言う。

興味深いのは

脳は損傷しても再生することが

可能であるという話だ。

詳しくは動画を聞いてもらいたい。