Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

神社に参拝 お賽銭の作法について

スポンサーリンク



神社に参拝 お賽銭の作法

読者の方々は神社でお賽銭

出す時に、

小銭入れにあるお金を見て判断し、

お賽銭箱に入れている方も

いらっしゃると思う。

画像引用元:https://goo.gl/sxHJaf

2年前くらいの自分が

まさしくそうだった。

子供と一緒に初詣に行く際は、

10円や100円を用意して、

子供に渡してお参りをする。

これがごく当たり前の初詣であった。

しかし、ある本を立ち読み(笑)して、

お賽銭に対する考え方が一度に変わった。

そんな話を織り交ぜながら、

記事を書いていく。

お賽銭の金額には意味がある!

立ち読みした本には

「地元の出来るだけ寂れた神社を

参拝しましょう!」と書いてあった。

さらに、

「出来ることなら一万円をお納めしましょう!」

とも書いてあった。

一瞬、固まってしまったのは、

読者の方も共感して頂けると思うが、

早速、その月から私の

「地元神社参拝」

「これまでにない金額のお賽銭実施」

が始まったのである。

このようなことは意外と素直に

受け止めて実行するタイプであるが、

「自分で変化を起こす」

ということが何よりも大事と考えると

新しい取り組みが出来る環境なら

どんどんやって行こうと普段から思っている。

地元の神社に参拝する意味

何故、地元の神社かと言うと、

自宅を建てる際に地鎮祭を行うが、

その時に神主さんから

「是非、うちの神社にも参拝をお願いします」

という言葉を聞いていたこと、

地元の神社はその土地を守る神様であること、

そして、

その神様に

「住まわせてもらっている感謝の意を伝えること」

が大事であるということが

前述の立ち読みした書籍に書いてあった。

ちょっと足を伸ばせば、

全国的に有名な神社にも参拝するが、

ここは初詣で参拝することが多いが、

歩いて10分程度に地元の神社があるため、

会社帰りの夜、休日時の日中など、

月に一度は、必ず「感謝と祈願」

の姿勢で参拝している。

お賽銭の最適額は「自分にとって少し痛い金額」

前述の本では「一万円をお賽銭とする」

あったが、

基本的にはネットビジネスの報酬から

一万円を捻出し、

お賽銭箱に入れるようにしている。

画像引用元:https://goo.gl/iACVva

その月の支出が多額になる場合は、

1万円ではないときもあるが、

年間通して10万円を

地元の神社にお納めしていると思う。

このセクションのタイトルに

お賽銭の最適額は「自分にとって少し痛い金額」

としたが、

気持ちを込めてお賽銭を納めることが

大事であるため、

自分にとって少し痛い金額を納めることによって

お願いしたことに対する

自分が努力する誓いが実行に移せる金額

と解釈しているからだ。

つまり、自分がお願いしたことを

実現するためには

自分の努力が不可欠であるため、

神様にそれを誓う意味でも

「自分にとって少し痛い金額」の方が

価値のあるものだということ。

私のように1万円をお納めすることから

始めるのではなく、

まずは地元の神社に足を運び

ちょっと痛い金額をお納めすることから

始めてはいかがだろう。

ちなみに毎月参拝を始めてから、

学費を含む返済が次第に順調に進むことが

できるくらいの

ネットビジネス報酬を得ることが出来るように

なったことをお伝えしたい。

参考記事:騙されるな! ネットビジネス 初心者におすすめとかいう詐欺の特徴