Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

会社を辞めてフリーランスで働こうとする前に

スポンサーリンク



フリーランスで働きたいあなたが知っておくべきことは何か?

世界的にも有名な自動車メーカーに

勤務していたが、

上司との軋轢などの理由により

フリーランスで仕事をするように

なった親しい友人がいる。

画像引用元:https://goo.gl/4ajftt

彼と付き合っていくと、

これまでやってきた仕事に対する自信、

そして構築してきた人脈もあり、

フリーランスとして生計を立てられる

環境にあったことが十分に理解できた。

フリーランスは、時間や場所に縛られず

自由に働く理想的な働き方だが、

その一方でリスクも伴うのは事実。

ある調査では、副業を含めた

フリーランス人口は1000万人を超えると言う。

「好きなことをして食べていく」道として

魅力はあるのだが、

脱サラをして果たして仕事があるのだろうか、

収入は確保出来るのだろうか、

不安との戦いかも知れない。

会社を辞めてフリーランスで仕事をするということは?

フリーランスで仕事をすることに

憧れはある。

そこでフリーランス

生計を立てていくための

条件を調べてみた。

自分のスキルに再現性があるかどうか

将来的にフリーランスとして

働き続けていくためにはやはり

「結果を出すことに再現性がないとダメ」

である。

画像引用元:https://goo.gl/GCF4y9

時間給や月給といった感覚ではなく、

アウトプットそのものの価値が勝負となる。

しかも、高い価値を出し続けないと

クライアントが離れて行ってしまう。

自分の持っているパフォーマンスを

最大限に出し続け、

仕事のクオリティもそうだが、

営業的センスも求められるだろう。

また、仕事の依頼内容によっては

「お断り!」と言える自信がないと

結果として自分を安売りしてしまう可能性だって

あり得る。

フリーランスになってからも自己成長出来ること

前述したように、

「絶えずアウトプットの質を高める」

といことはすなわち

「継続して自己成長を遂げる」

ということになる。

画像引用元:https://goo.gl/nZZzrK

別の友人の話だが、

建築設計事務所に勤務し、

独立して今もなお

順調に建築士として活躍している

仲の良い方がいる。

彼は常に新しい情報を得て、

関係者を大事にして、

さらなる高みを目指して日々努力している。

こうした姿を見て、

フリーランス

仕事に対する厳しさ、

そして忍耐力、

何よりもお客様のことを第一に

考える姿勢は、

会社員の私にとって

尊敬に値する姿勢

だと思っている。

しかし、その彼も一時的に

資金難に陥ったことがある。

フリーランス協会の調査によると

フリーランスで働く人々の95%が

会社勤務の経験を持っているそうだ。

しかし、会社勤務時代に貯めたお金

だけでは持たなくなるという。

またフリーランスの弱点としては、

助言を与えてくれる人、

指導やダメだしをしてくれる人、

こうした人に恵まれないケースがあることだ。

自己成長に繋がるきっかけは

こうした助言や指導、ダメだしと言う経験が

必要だと感じるし、

そこには信頼出来る仲間や

メンターとなる人の存在が不可欠では

ないだろうか。

自分の専門性はどのくらいのレベルなのかを知ること

自分のアウトプットの価値は

どのくらいの価値があるのか?

様々な視野から比較して判断できるように

しておくことが大切だ。

画像引用元:https://goo.gl/H6MfqR

また私の知人の話になるが、

デントリペアという車のボデイーの

凹みを直す達人がいる。

彼は無借金経営を続けており、

腕も全国的に有名な職人である。

彼と話をすれば、

自分が提供するサービスに自信があること、

そして自分が出した見積もりに関して

自信を持ってお客様に提案出来る、

そういった感覚を覚えたことを記憶している。

また、彼には彼と同等な技術を持った

仲間が多数いることも特徴である。

こうして特異な分野に長けた

高い技術力を持った人は、

質の高いサービスを提供し続けることが

出来るとともに、

口コミによりお客様が拡大していくといった

理想的なビジネスを展開出来るという

まさにフリーランスとして見本であると

思っている。

水平的なマネジメントパワーを持っていること

会社員のように

会社の看板などを背負っていないため、

クライアントからの信頼関係を結ぶことは

決して容易ではない。

画像引用元:https://goo.gl/C7ik9S

そこでどれだけの人脈を持っているか、

こうした水平的な人のつながりで

クライアントの仕事に対する対応力に

納得感を得るバックグラウンド

その部分を埋める役割を果たしている

ように思える。

先ほどご紹介した建築士の友人が

その典型的な例である。

クライアントの要望を満たす

家を設計するには、

電気の配線から何から何まで

法律や規制、物理的・常識的な判断など

あらゆる視点で適合するかどうか

確認をしながら進めないとならない。

彼は各方面の専門家を

仲間に持っているので、

確実に的確にクライアントに情報を

伝えることが出来る。

クライアントには、

納得のいく回答が伝わるため、

そこに信頼関係が蓄積され、

大きな取引が確実に進んでいく。

看板がない、だからこそ

その看板以上に匹敵するもの、

それは人脈という

水平的な人のつながりで

カバー出来る、

そんな環境もフリーランスには

必要だ!

それは副業でも出来る範囲なのでは?と考えてみる

その仕事って本当に独立しないと

出来ない事なのか?

と考えてみることも大事だ。

画像引用元:https://goo.gl/dnr7sw

私は現在、

会社員の傍らネットビジネスを行い、

副収入を得ているが、

毎日の帰宅後の時間や

休日を使って

月に10万から40万の間の報酬

得ている。

変動幅が大きいのは

広告単価の変動があるからだ。

つまり、外的要因でその月に

得られる金額にフレ幅が生じることも

頭に入れておく必要がある。

仕事の依頼件数、単価など

安定するまでには相応の努力と

クライアント自体の人脈・知名度といった

要素も大事なポイントである。

そのような状況であること、

また銀行から融資を受ける際には、

今勤めている会社の社会的信用度

融資の判断材料となっている

現実を考えるとそう簡単に

フリーランスになることは出来ないと

思っている。

不安に感じてしまうのだ。

会社員として安定した収入を得ながら

副収入を得て、トータルの収入を高める。

もちろん会社の仕事の質を下げないこと

条件だが、やってやれないことはない!

自分を守る法律が少ない事を知っておく

簡単な話。

フリーランスは法律で守られることが

少ないことである。

画像引用元:https://goo.gl/prFRD7

単純に理解出来るのは

労働法で保護されない事だ。

また、怪我や病気になった際、

保障面においても経済手に不利

場面に陥ることもある。

こうしたリスクも念頭において、

フリーランスになることを覚悟し、

預貯金・保険加入等を準備しておくことが

大事である。

こうして考えると会社員は

広範囲に渡り

仕事をして賃金を得ることに対して

保護されていることが

良く理解出来ると思う。

会社員は

労働基準法

労災保険法

雇用保険法

といった労働に関する法律により

守られている部分があるが

フリーランスは基本的に適用外と

なる事実を理解しておくことが大事だ。

クライアントとの間には契約を全て書面化しておく

自分を守る手段として

仕事を確定する際には

その内容を書面化していくことが

重要だ。

画像引用元:https://goo.gl/Q4DLkU

前述したようにフリーランス

労働法の適用外となるため。

契約書が最低基準になるからである。

仮にクライアントから仕事上で

訴えられた際に契約書がないと

不利な立場になるケースが多々あるようだ。

単価や納期、支払日などの条件を

定めることが重要である。

こうした契約書は自分で用意し、

契約する前にクライアントに説明するくらいに

慎重に仕事を得る習慣をつけることが

必要になってくる。

住宅購入の際の重要事項説明と

同じ感覚だと私は思っている。

フリーランス仲間のネットワークを持っているか

様々なトラブルを想定しながら

仕事を進める、

前述したようにクライアントから訴えられる

可能性があり、

不利な場面に遭遇しかねない

フリーランスと言う立場である。

画像引用元:https://goo.gl/DMTyGa

こうした不慮の事態に対応出来る

幅を持つ、つまり

フリーランス同士のネットワークを持ち、

互いに情報交換をしながら

お互いの知識・知恵を蓄積し、

リスクを回避する環境を整えることも

必要な要素であると言える。

クライアントに都合のいい依頼先にならないこと

クライアントは、

依頼先は自分の都合に合わせられ、

かつ、

コストが低く、質が高いといった

取引先を優先する。当たり前の話だ。

つまり、

足元を見られることがあることを

認識しなければならない。

画像引用元:https://goo.gl/UaNfzo

広告や企画系の仕事を依頼される

ケースを想定すると、

電通などの大手広告代理店に

仕事を発注するのと

フリーランスの方に発注するのとでは

クライアントに対する扱い・姿勢が

大きく異なるといったことをイメージすると

よりわかりやすいだろう。

とかくコストと質に対するクライアントの

要求度には大きな差があり、

感情的になってしまうことがあるかも知れない。

次の仕事にありつける、

このような感覚を持ちながら仕事を

受けようなものなら

とんでもない結果が待っていると

思ってもいいだろう。

私はクライアントの立場になったことが

多々あるが、

金額や仕事の対応に関して、

上司から飛んでもない要求を

フリーランスの方に伝えなければ

ならないという嫌な役目を

経験したことがある。

「いくらなんでもこれは理不尽過ぎる」

そんな要求をされることも覚悟しなくては

ならないのである。

私と取引させて頂いた

フリーランスの方々とは社会的に

適切な人間関係を構築してきたので、

こうした上司の理不尽な要求について

話す際には、

その背景や意図など理解してもらった上で

フリーランスの方々の判断を仰いできた。

お互いに感情をもった人間同士。

お互いに良好な関係を維持したいという

思いのあるビジネスパーソン同士だ。

このような感覚をお互いに持てることは

結果としてお互いに良い取引に

繋がることは間違いない。

まとめ フリーランスに憧れるその背景には

私はフリーランスに憧れる背景には

今の自分の待遇を含む労働環境に

不満があることがその背景にあると

考えている。

画像引用元:https://goo.gl/q6cJLZ

会社や上司からの理不尽な要求、

上司や部下との板挟み、

評価の不公平さ、

労働時間の長さ、

休日取得の取りにくさ

といった不満・不平が

フリーランスに憧れる要素ではないかと

考えている。

これまで書いてきたように

憧れているフリーランスには様々な

条件があり、

その条件ごとに対処・準備しておくこと

広範囲に渡っていることを

理解することが出来たと思う。

このようなフリーランスになるリスクを

十分に理解し、

不利な状況になっても続けている

環境づくりと強い信念がないと

脱サラしてフリーランスとして生計を

立てていくことが可能だと私は

そのように思っている。