Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悲報!鉄人と呼ばれた男 衣笠祥雄逝く

スポンサーリンク



悲報!鉄人と呼ばれた男 衣笠祥雄逝く

私たちの世代のプロ野球名選手が

一人天国へ旅立ってしまった。

元広島東洋カープ「衣笠祥雄」さん。

残念であります。

画像引用元:https://goo.gl/Cu11p5

山本浩二さんと二人で、

カープを盛り上げた選手であることを

記憶している方も多いだろう。

「鉄人 衣笠祥雄」

鉄人と呼ばれるに相応しい選手だった。

デッドボールを受けても

一塁に向かう姿勢は、立派なものだった。

硬式野球部に属していた私は

デッドボールの痛みはわかっている

つもりだが・・・

プロ野球選手ともなると、

選手生命が危ぶまれる可能性もあるため、

どうしてもデッドボールをした

投手に怒りを覚えても不思議はないが、

衣笠選手は黙々と一塁に走っていった姿が

今でも脳裏に焼き付いている。

衣笠祥雄氏71歳 上行結腸がんで旅立つ

死因は上行結腸がんと発表されている。

この病気を調べてみると

「盲腸と上行(じょうこう)結腸のがんは、

腸の内径が太く便通の異常がおこりにくいこと、

この場所の便は液状であること、

出血しても排便までに時間がかかるため、

発見しにくい傾向があります。

発見されるころにはがんが大きくなり、

腹部のしこり(腹部腫瘤:ふくぶしゅりゅう)や、

出血による貧血がおこり、

全身倦怠感が出始めて気づくこともあります。

この様な状態の時は、がんで内腔が狭くなっており、

腹部膨満感や無理に内容物を出そうとした結果、

腹痛などの症状があらわれます。」

「下行(かこう)結腸やS状結腸では

がんにより内腔が狭くなると、

便が通過しにくくなり便秘と

間歇(かんけつ)的な下痢などの

便通異常がみられます。

腹痛や腸閉塞(ちょうへいそく)

(便とガスがでない)

のような症状になることもあります。

肛門に近い部位なので血便で

発見しやすくなります。」

引用元:https://goo.gl/J9ZnXb

引用元の文章を読むと、

早期発見が難しいとされている。

まだ71歳。若いではないか?

鉄人と呼ばれた男「衣笠祥雄

病気に勝って欲しかったと思う

私と同じ思いをされるファンも多いと

思う・・・

衣笠祥雄「鉄人」と呼ばれる由縁 【2215試合連続出場】

衣笠選手はなんと!

2215試合連続出場

に記録を持つ。

当時は、1年間で130試合を

こなしていた時代だと記憶している。

実に17年以上、

1試合も休まずに出場していた計算になる。

衣笠氏が達成した2215試合連続出場は

歴代日本1位!

世界でも歴代2位の大偉業であることを

添えたい。

衣笠氏を超え「鉄人」と呼ばれる選手は、

これから出てくるのだろうか?

衣笠祥雄氏プロフィール

生年月日 1947年1月18日

出生地 京都市

出身高校 平安高

高校時代は、「4番・捕手」として

64年に甲子園春夏連続出場を果たした。

右投右打。

画像引用元:https://goo.gl/KHRh9E

翌年65年に広島入団。

プロに入ってから内野手に転向。

68年からレギュラーを獲得する。

70年10月19日から

87年の引退まで2215試合連続出場、

17年連続全試合出場を達成し、

広島の計5度の優勝に貢献した名選手である。

さらに、76年には盗塁王に輝き、

84年にはMVPと打点王を獲得。

そして87年に国民栄誉賞を受賞し、

96年に野球殿堂入りを果たした。

現役時代は

通算2677試合で2543安打、

打率2割7分、504本塁打、

1448打点。

衣笠氏の素晴らしい経歴を

改めて見ると、

いかにすごい選手であったことが

容易に理解できるだろう。

若干、強面の方であったが、

解説を聞くと、

そのお人柄を垣間見ることが出来る。

ギャップを感じたこともあったが。

画像引用元:https://goo.gl/SfJ9WY

引退後は、解説者として

ご活躍されていたが、

今月19日にBS―TBSで

放送されたDeNA・巨人戦では、

声がかすれていたため、

視聴者から心配の声が多数

上がっていたそうだ。

盟友 山本浩二氏 衣笠氏急死に悲痛な叫び

「衣がいたからやってこれた…つらい」

山本浩二氏は、現役時代衣笠氏と

ともに主軸を打ち、

1975年の広島の初優勝に貢献した。

画像引用元:https://goo.gl/NBYXTb

山本浩二氏はある報道番組で、

次のように語ったという。

「ビックリしたというか、

まだ早いというか…先日の星野(仙一)といい、

つらいですね」と

十年以上、同じ球団で

苦楽を共にした盟友を失った

山本浩二氏の気持ちは

我々の想像を超える悲しさがあるだろう。

しかし、山本浩二氏は

体調不良は3年ぐらい前から

聞いていたと語っているようだ。

また、衣笠氏に捧げる言葉を

報道陣から聞かれると、

「『ありがとう』ですかね。

お互い成績を残せたのは、お互い負けたくない、

って張り合ってたから。本当にありがとう…です」

と語ったそうだ。

さらに、

「衣(きぬ)がいたから、私はやってこれた。

(彼が休まないから私も)休みたくても休めない。

いいお手本でしたね。良きライバルで、

腹を割って話せる人でした」と

衣笠氏への感謝と尊敬の思いを伝えたとも

報道されている。

カープで同僚だった江夏氏 「本当に俺の宝物」

江夏豊氏。

衣笠氏とは広島時代の同僚だった。

画像引用元:https://goo.gl/iv7chf

江夏氏は、テレビ解説のために

現地入りした愛媛・松山空港で

報道陣の取材に応じた時、

次のように語ったそうだ。

「今日の朝、知った。

衣笠氏の)奥さんから電話がかかってきた。

一口ではなかなか言いづらいけど、

言えることは、

いいヤツを友人に持ったということ。

本当に俺の宝物」

衣笠氏・山本氏・江夏氏・・・

我々50代が小学生から中学生の頃に

大活躍していた名選手。

他球団のファンも読者には

いらっしゃると思うが、

人間寿命があるにせよ、

子供の頃に印象に残っている

選手が天国に旅立っていくのは

とても寂しい気持ちになる。

画像引用元:https://goo.gl/Evq4vG

衣笠氏のご冥福を心からお祈り致します。