Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

供養とは何か?

スポンサーリンク



供養とは何か? 友人から教わった話

私の会社の同僚から

供養とは何か?知っている?」

と聞かれ、私はこう答えた。

「お墓参りそのもの、

または先祖に感謝の意を唱えること。」

と。

画像引用元:https://goo.gl/avJed7

そこで友人はこのように答えた。

「確かにそれも供養には違いはないが、

本来の供養というものは、

このような事を指すのだよ。」と

彼はさらに供養がどのようなものか、

私にわかりやすくこう説明した。

ある国では、伝染病のワクチンが足りず、

子供が毎日命を落としているとする。

そのような中、コンビニなどでワクチンを

その国の子供達に十分な供給をするための

募金箱があるとする。

画像引用元:https://goo.gl/vvcMVf

あなたは、手元にある小銭を

その募金箱に入れた。

そして、その募金箱に貯まったお金で

ある子供の命が助かった。

そして、その子供の天国にいる祖父が

天国にいるあなたの祖父に御礼を述べる。

あなたのお孫さんのおかげで、

私の孫の命が助かった!

本当にありがとう!と。

そこであなたの祖父は

「いやいや、そんな誇れる孫ではないですよ。」

と言いながらも、喜んでいる。

画像引用元:https://goo.gl/8VXppb

先祖を喜ばせることそのものが、

供養だと彼は言う。

つまり、生きているうちに

他人のために何かの行為をする。

この場合は、

募金という行為は修行のひとつで、

布施行と彼は説明してくれた。

捉え方は人それぞれなので、

私はこのブログの読者に考え方を

押し付けるつもりはないが、

人のために何かを行為を行うことは、

生きている時にしか出来ないこと。

画像引用元:https://goo.gl/FfpbjZ

出来る範囲で構わないので、

こうしたちょっとした募金をはじめ、

人から「ありがとう!」と言われることを

躊躇せず、出来るようになりたい。

そのように思った事例である。