Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相撲協会はおかしくないか? 女性市長の要望、主催者側断る

スポンサーリンク



相撲協会はおかしくないか? 女性市長の要望、主催者側断る

相撲協会はおかしくないか?

先日、舞鶴市長が土俵上で倒れ、

救命処置をしていた女性に対し、

「女性は土俵から下りて」とアナウンスを

指示した相撲協会

画像引用元:https://goo.gl/ZRh25N

自分の妻が同じような場合になった時、

「男性はそこから出て下さい」と指示され、

自分の妻が

命を落としても文句は言わない

ということになる。

相撲協会、おかしくないか?

ここ最近、相撲協会を巡る様々な

事件が起きているうえ、

観客動員数も厳しい状況にあると思うが、

男性ファンだけではなく、

女性ファンも取り込みたいだろう。

野球・サッカーなどの各種プロスポーツ界では、

女性ファンの取り込みに必死な状態。

画像引用元:https://goo.gl/YkfKkF

上のようなツイッターを投稿しているが、

本心からこのように思っていると

とても感じないは私だけだろうか?

高校野球ですら、

私が現役の頃とは違い、

ベンチに女性マネージャーが

入ることが

出来るようになった。

画像引用元:https://goo.gl/RFNLoz

土俵は神聖な場所であるという

古来の考え方は一定の理解をしている。

しかし、人命がかかっている

重要な局面に対し、

そのしきたりを守ろうする姿勢に

疑問を感じた方も多いだろう。

そんなことが起きた直後に

またおかしなことをした相撲協会

それがこの記事だ。

「土俵上であいさつしたい」女性市長の要望、主催者側断る

男性市長と同じように挨拶をしたいと

申し出た女性市長に対し、

男性は土壌上で、女性は下でという

判断を下したとのこと。

事の重要性を

まったくわかっていないと思う。

もし、土俵に女性を上げたくないという

ことを貫き通したかったら、

土壌際に特設の挨拶壇を作って、

二人同じ状況で挨拶が出来るように

工夫をすればよいと思うのだが。

伝統を守ることと時代に合わせることの

バランス感覚がないのだろう。

かつての高校球児だが、

女子マネージャーのベンチ入りには

私は賛成だ。

男子部員と同じように練習するのでは

ないにせよ、

部活動の時間を共有し、

同じ思いで甲子園を目指してきた

女子マネージャーに対し、

ベンチ入りくらいは許して欲しいと

当時から思っていた。

女子マネージャーがベンチ入りすると

スコアブックをつける役割を

控え選手がすることもなくなるので、

いつ出番となっても準備する余裕が

出来るというメリットがあるし、

普段からスコアをつけることに慣れているので、

自分のチームの投手の調子や

打者の調子などを彼女たちなり

分析もしている。

話は脱線してしまったが、

冒頭に書いた救命の女性が

土俵を下りたあと、

大量の塩が撒かれたようだ。

本当にバカにしているとしか

言いようがない!

相撲協会のおかしさは

今に始まった事ではないようだ。

松本人志さんの伝説のラジオ

「放送室」で

相撲に関するおかしなところを

指摘している。

10分程度の動画なので、

時間のある方はぜひ聞いて欲しい。