Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

無視されても毎日挨拶し続けられる?

スポンサーリンク



無視されても毎日挨拶し続けられる?

家族・職場・学校などなど

こちらが挨拶しても無視されることを

経験した方は少なくないだろう。

私の職場にも二名、

挨拶が出来ない方がいらっしゃる。

画像引用元:https://goo.gl/eMiM3Z

一人は部長。

一人は一般職だ。

部長は50過ぎ。

一般職は40半ば。

私は無視されても挨拶は続けていくことを

基本としてきたが、

さすがに1年以上経過しても

なんの変化もない!

同じ会社の同僚に聞いても、

私と同じような態度を取ることまで

確認した。

結局、彼らにとってみれば、

挨拶に価値観を感じないということに

他ならない。

ネット上では、

「挨拶しない人には、挨拶し続けることが大事」

なんていう内容のコンテンツを見かけるが、

そんなコンテンツを書いた人は

果たして長い期間、

自分から挨拶してもなんら変化がないという

経験をされたのだろうか。

挨拶をしない理由は本人にある

機嫌が悪いのか、面倒なのか、

そのあたりは知る由もないが、

結論から言えば、

「自分にとって騒ぐほどでもない」

と思っている。

しかし、挨拶をしないからといって

自分が挨拶することを辞めてしまったら、

自分も同じ穴のムジナとして

周りから見られることになってしまう。

だから、挨拶をしない人

挨拶をし続けた結果を、

挨拶をしない人が挨拶をすることを

目標としないで、

「〇〇さんは、あの挨拶しない人にも

きちんと挨拶出来る人だな」と

周りから評価されることを目標としては

どうかと思うようにしている。

画像引用元:https://goo.gl/cVKvwc

このように、目的と手段を明確に分け、

その行動の結果、

自分にとって良い結果が出せると

判断した時点で、

早速取り掛かるようにしている。

参考記事:精神的に強くなる方法は

挨拶しない人に挨拶をさせようと

必死になって本当にしたくない挨拶を

し続けるのは本当にバカらしい

しかし、前述のように

目的と手段を明確にして、

最終的には自分に有利な方向に

させるネタとしては

十分過ぎるくらい、なものだと

思うようにしてはどうだろうか?

専門の研究者ではない人ほど、

「相対比較」で物事の良しあしを決める。

画像引用元:https://goo.gl/cVKvwc

さらに言うと、基本的には

相対評価で判断し、

人生を歩んでいると言っても過言ではない、

そんな気がしている。

受験する学校、彼女、デート先、

新車購入、結婚相手、就職先、飲み屋、

など、挙げればキリがないと思う。

しかし、残念なことに

結婚相手だけは結婚前の相対評価は

あてにならないものである(笑)

一生添い遂げる人を

どのくらいの時間をかけても

一旦ボタンをかけ間違えると

うまくいっていたものが

見事に崩壊・破綻してしまうのだ。

画像引用元:https://goo.gl/QqEB5B

話はかなり脱線したが、

挨拶をしない人に挨拶させようなんて

決して思わないこと。

ストレスばかり溜まって

あれこれ考えたり、憤りを感じたり・・・

自分の時間を損なうことになってしまうからだ。

そんな時間を過ごすのだったら、

自分が気分よく過ごせることに集中した方が

よっぽど精神的に楽なはず。

下の記事では、50代以降の趣味に関する

動画投稿しているので、

無趣味・それに近い50代の方は

是非この記事をご覧になって欲しい。

参考記事:【男性】50代からでも始められるおすすめ趣味 その2 投資編

人付き合いは、

付かず離れず

去る者は追わず来るものは拒まず

この考え方が一番楽。

そう思いませんか?