Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ストレス発散方法 男性版

スポンサーリンク



ストレス発散方法 男性版

上司の強烈なパワハラによる

ストレスでうつ病と診断され、

半年間の休職を命ぜられたことがある。

この時のストレッサーの主役は上司。

脇役は妻。何故なら、帰りは遅い、

休日は無くなる。つまり、

家族サービスが出来ない、ということ。

画像引用元:https://goo.gl/c54YiG

さて、ストレッサーの主役である

この上司は私に何をしたかと言うと、

人前で罵倒

個室で数時間説教

全否定

というものであった。

これを半年間も受けていると

完全にネガティブ思考となり、

何をやっても失敗するイメージが固着し、

前向きに考えることは

全く出来ないようになってしまう。

このころは、

会社では笑うこともなく、

表情は暗いし、声も小さい。

いつも自信なさそうな雰囲気

あったと思う。

食欲は減退し、体重は急激に減少

たまに取る食事も決して

おいしいとは感じなく、

月に3・4回の休みは家族と

出かけても、

楽しいという感覚がない。

画像引用元:https://goo.gl/EMdPP2

30代は、理不尽なことを言われたら、

言い返すくらいの根性はあったが、

40代ともなると、

大声を張り上げて社員とバトルすることは

自分の価値を下げることに繋がり、

将来的に渡って、自分の活躍の場を

遠ざけってしまうと思った。

我慢に我慢を重ねたら、

ストレスがどんどん増幅していく。

結果として

心療内科の診察を受けたら、

中度のうつ病と診断され、

半年間の休職となった。

ストレス発散方法 男性版 休職中にしたこと

ストレッサー

上司のそのものだったため、

顔を見なくなるだけで随分と

気持ちが楽になった。

半年間、自宅療養と

会社から指示があったので、

子供達には会社からの

ご褒美で半年間休みをもらった

と言い訳をした。

その半年間、

これまで勤務していた時間が

自由となったので、

好きなことを思いっきりやった。

休職初期のころは、

パソコンで

戦略シミュレーションゲーム、

フライトシミュレーター、

カードゲームなどに興じた。

だんだんと体の具合も

良くなってきたので、

自転車で近所を走った。

さらに、

メンタルヘルスマネジメント試験が

注目されていたので、

参考書を購入し受験した。

そして一発で合格。

加えて、

ネットビジネスの研究に励み、

ホームページ作成、

ブログの開設など

ある程度の

ネットビジネスの知識を

会得した。

このように一日一日を

楽しく、気分良く過ごすことで、

本来の自分を取り戻すことが出来た。

半年間の休職を経て、

短時間勤務からスタートするという

リハビリ期間に入った。

もともと仕事は好きだし、

人と会う、人と会話をすることも

好きなほうだったので、

復帰した職場はどうであれ、

あまり気にせずに出社した。

私は運がとても良いのだろう、

復帰した職場には

本社勤務で関わりのあった方が

数人在籍しているところだったんで、

すんなりと彼らの中に入っていけた。

また、職場自体が、

私のような既往歴のある社員が

送り込まれるところだったので、

受け入れてもらいやすかった。

一方、もう本社勤務に戻れない

というジレンマが生じたのも本音である。

しかし、

とても働きやすい職場であったため、

日増しに戻る

自分の姿を実感することが出来、

これもまた人生だと思うようになった

こともある。

この間、本社勤務時代と比較して

年収が100万円以上ダウンした。

この職場に在籍したのは2年間だったので、

200万円の減収である。

画像引用元:https://goo.gl/dGU4Sw

休職期間の後半は、

私傷病欠勤となり給与は7割の

支給となってしまう。

追い打ちをかけるように、

一時金は出勤率で算定されるため、

50%以上の減額となった。

幸いにして、

休業補償の保険に加入していたので、

減収の30%くらいは何とかなったが、

あとは借金で充当することになった。

話はずいぶんと反れてしまったが、

私のように我慢に我慢を重ねると、

いずれ精神が崩壊し、

結果として普段の生活を維持できない

くらいに経済的な打撃をうけることもある。

普段感じているストレッサーは何か?

ストレッサーから距離を置くことは

出来るのか?

距離を置くことが出来なければ、

他に手はないのか「?

さらに言うと、

こうした苦しみを正直に伝え、

理解してもらい、

さらには精神的に支援して下さる方は

いないのか?などなどを普段から

考えることも必要なのかも知れない。

ストレス発散方法 男性版 会社という組織の中で

これまで私がうつ病と診断され、

半年間の休職中に何をやってきたかを

書いてきた。

基本的には、

落ち着ける場所・楽しい場面といった

環境に自分の身を置くことが

回復への近道であると思う。

もし、既婚女性の方が

この記事を読まれていたのなら、

誕生日は結婚記念日などで良いので、

会社におけるご主人の苦労に

労いの言葉をかけて下さい。

画像引用元:https://goo.gl/3xFtv5

会社に行けば、

何人かの敵に囲まれることもあり、

理不尽な言葉を上級管理職から

言われることもあり、

ご主人が管理職に就いているのなら

成績や業務の進捗状況が

思わしくなければ、

上からも下からも突き上げられる。

もっとも順風満帆の会社員人生

歩まれているご主人なら良いのだが、

そのような方はそんなに多くないだろう。

特別なことをしなくても良いので、

会社での苦労を理解してもらっている、

そんなことを

ご主人に感じてもらうだけでも

奥様に対する態度が

違ってくると思う。

夫は、一家の大黒柱である。

夫は、妻や子供を屋根の下で

安全に幸せ暮らすために、

柱として家全体を支えている。

こうした家の構図を考えると、

柱には傷(心と身体)が無いように

夫自身も妻も配慮することが必要だと

感じるし、

妻からの配慮を感じた夫は、

これまで以上に安全で幸せな家を

維持・向上させていく努力をする。

その大黒柱がストレスを発散出来ず、

心と身体を蝕んでしまったら、

家は崩壊するのである。

たかがストレス、されどストレスだ。

既婚男性の方なら、

自分に合ったストレス解消方法は何か?

その方法を普段から生活の中に

取り入れることも大事だと思っている。

画像引用元:https://goo.gl/su27dE

カラオケなどで大声を出す

近場に出かけるなら自転車か徒歩にする、

天気の良いときは外で食事を取る、

何かの趣味があれば

それに興じる時間を取る、

人それぞれ落ち着く場所、

楽しめる方法があるだろう。

人との接点がある以上、

ストレスを感じない生活などは

あり得ない。

ストレスを発散するための

多少のわがままなら、

家族にも賛同を得られるだろう。

「少し病んでるかも知れないな」と

思った方がこの記事を読まれて、

ご自分のストレス発散方法を生活の中に

取り入れて頂けることを願って

記事を締めくくることにする。