Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

現状を変えたい時はどうするか

スポンサーリンク



現状を変えたい時はどうするか

現状を変えたい時って、

辛いこと

悲しいこと

面倒なことが一杯

大きな問題を抱えている

など、

ネガティブな要素が自分に

降りかかっている時の

ことだと思う。

人生、

現状を変えたいこと

ばかりだ。

画像引用元:https://goo.gl/MyQQaj

現状を変えたい時はどうするか 友人の話

自分の事業が

うまくいっているように

思える羽振りの良く見える

経営者であっても、

水面下で足をバタバタしながら

優雅に水面を泳ぐ白鳥と一緒だ

とそのように話をしてくれた

会社を経営している友人がいる。

この友人は、会社を他人に譲り、

将来はオーナーとして

生きていきたいとと思っている。

そうかと思えば、

介護施設にいる年老いた親を抱え、

毎月数十万円もかかる費用

ねん出するため、

深夜まで仕事をしている

私の先輩がいる。

人生の半分を過ぎると

これまでの生き方が反映すると

思っている。

この記事を書くほんの少し前に

同僚から聞いた話。

彼の年齢は52歳。部長職である。

しかし、来月4月からは

一般職になり、結果として減給。

おそらく年間100万くらいの

年収ダウンとなるだろう。

部長職から一般職になった理由は

詳しく聞かなかったが、

どうやら会社の業績が思わしくなく、

これまでの彼の仕事の評価というより、

これまで彼の行動や言動といった

社内の振る舞いに対し、

部長職として望ましくないと

判定されたものだと推測する。

逆にその会社では40歳そこそこで

部長職に就いている人物もいる。

その差が出るのは何故なんだろうか。

所詮、

会社員なんてこんなものである。

画像引用元:https://goo.gl/99nZrm

入社後からこれまで出してきた

仕事の成果や

上司や周りが創り上げた

「勝手なイメージ」で判断され、

優であればよほどのヘマをしない限り、

ある程度の地位につくことが出来る。

そうでない場合は、

どんどん窓際に追いやられてしまう。

そうした時に、

窓際に追いやられた人は、

「現状を変えたい」と思うのだろうか。

現実を直視して、

諦めてしまうのだろうか。

会社員の悲哀は、

定年まで続くのである。

会社での自分が置かれた

現状を変えるよりも

自分の生活を変え、

残りの人生をどう生きていくのか

このことに集中して考え実行する。

私ならそうしたい。

現状を変えたい時はどうするか 私の体験談

私の現状を変えたいと思った時の話。

他の記事でも書いたが、

メンタル不全となり休職

復帰先となった職場は、

配属されたら二度と他の職場に

異動することのない職場であった。

それまで

本社勤務であった私にとっては、

「本社で仕事をしたい!」という想いが

強かったが、

復帰した職場では一生懸命

業務改善に励んだ。

そこで約2年。3月のある日のこと。

上長から会議室に呼び出された。

「来月から本社勤務となる。」

言い渡された。

後からわかったことだが、

会社の大先輩の後押しがあり、

陰で動いて頂いたと聞いた。

その方とは今でもお付き合いさせて

頂いているが、

感謝の気持ちで一杯である。

現状を変えたい時であっても、

腐ることなく、

目の前にある仕事を

全身全霊でこなすことで、

新たな展開が待ち受けている、

と感じてならない。

参考記事:精神的に強くなる方法は

現状を変えたい時の中で、

経済的な問題を抱えることも

あるだろう。

決まった収入、

それ以上に発生する支払。

収入 < 支出

これは支出を減らし、

収入を高めることが解決方法だが、

収入を上げることは

そう簡単なことではない。

何かの記事で読んだが、

教育費は30年前の10倍とか

跳ね上がっているらしい。

つまり、我々の10代の頃より、

10倍も教育費が上昇

しているということだ。

画像引用元:https://goo.gl/Srfyb6

経済的に現状を変えたいのなら、

支出を減らすことから始めるのだが、

教育費の減額を検討するのは

最後の最後になることが

多いのではないだろうか。

親として、

子供には満足のいく教育機会を与えたい、

これは普通の考え方だと思う。

しかし、塾に通わせなければ

志望校に入学できる学力が

養われないという現状を考えると、

教育費を減額するどころか、

増額したくなると思ってしまう。

こうして教育費を投じることが出来る

世帯の子供と

そうでない世帯の子供では、

教育の機会に差が生じることに

なってしまう。

まさに

私はそのような環境にいるので、

自分でコントロール可能な範囲で

支出を減らしてきた。

例えば、会社のお昼のかかる費用。

飲み物は自宅で自らお茶を作り、

会社にマイボトルを持って出勤。

お昼代はこれまで使っていた

金額の半分以下で済ます。

このような生活を続けていると、

不思議なことに物欲がなくなってくる。

つまり、

「欲しいものリスト」から

候補がどんどんなくなっている

感じだ。

このようなことを数年続けていると、

本当に物欲が無くなってくる自分

認識できるようになるので、

読者の方もトライしてみるのも

一考だと思う。

さて、収入を増やす手段は

ネットビジネスに取り組んできて、

ようやく安定した報酬を得ることが

出来るようになった。

詳細は別の記事でご案内する。

現状を変えたい時はどうするか 人間関係

現状を変えたい時

他のケースとしてはやはり

人間関係の問題も多いと思う。

これはなかなか解決とならない

ことが多いと思う。

相手は感情を持った人間である。

自分の思い通りに動かすことは

極めて困難である。

画像引用元:https://goo.gl/y4cHZk

しかし、ストレス溜まる一方なので、

何とかして

現状を変えたいと思うはず。

ではどうしたら良いのか?

どうやら「自分を変える」

しか方法がなさそうだ。

このような状況になったから

「自分を変える」

ことをネガティブ視点で言うと、

「何で俺があいつのために

自分を変えなきゃならないんだ。」

という感情になるであろう。

いやいや、そうではなく、

「自分を変える」ということは、

精神的な強さを持つ機会であると

捉えるようにしている。

参考記事:精神的に強くなる方法は

別な視点で言うと

その自分にストレスを与える人も

「何かのご縁」

で接点が出来た人である。

というように考えれば、

この現状を変えたいと思った時は、

自己成長の機会として

ポジティブに捉えるようにしたいものだ。

ずいぶん前に放映された

高校野球ドラマの

「ルーキーズ」

のワンシーンを

思い出した。

主役を演じた佐藤隆太さんが

かつての部員に対し、

「試練はそれを乗り越える事ができる奴にしか訪れない」

というセリフ。

この言葉に感動したのを

覚えている。

何故ならメンタル不全で

休職中だったからだ。

現状を変えたい時はどうするか 名言から勇気を得る

想定外の問題が自分に

降りかかってきた場合には、

大抵の方はなってしまうが、

そんな状況になったら、

次のような考え方にシフトして方が

良いと思っている。

バタバタ騒がない

冷静になるように努める

自分の周りの動きをじっとみる

前向きな目標を立てる

うまくいかなくても気にしない

前向きな気持ちを維持すると、

自分にとって良い展開を期待できる

要素がやってくる。

そのチャンスを逃さないためには、

やはり

冷静な自分を取り戻すことが

大事である。

冷静な自分を取り戻す方法が

分からなければ、

一番信用できる人に、

本音を話すことをしてみよう。

人に自分の現状を話すことで

一時的に感情が落ち着くことが

出来るはずだ。

最後にもう一度書く。

「試練はそれを乗り越える事ができる奴にしか訪れない」