Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大切な人を大切にするということはどういうことなのか?を考えてみた

スポンサーリンク



大切な人を大切にするということはどういうことなのか?を考えてみた

自分の幸せって何?

もし、あなたに一生大切な人がいたとしたら、

自分の幸せよりも 大切な人の幸せを考えるだろう。

しかし、自分の幸せを大切の人よりも

最優先に考えているようなことはないだろうか?

子供がいる良識的な親なら、

自分の幸せよりも

子供の幸せを最優先にするはず。

つまり、物事の判断基準が

子供の幸せにつながることと

自然となるのではないだろうか。

 

欠点までも愛せるか?

本物の愛というものは、足りなくても愛せるはず。

子供がいらっしゃる方なら

容易に理解出来るはずだ。

そのような存在の人に対しては、

良いところだけを愛するのではなくて、

欠点までも愛せると思う。

相手がい性の場合、

多少相手の嫌なところを見たとしても

それで感情が低下するくらいの関係なら、

一時的に盛り上がっただけの

長続きしにくい関係だということ。

本気で愛する相手なら、

多少の嫌なところは

むしろ可愛く感じるものだ。

『わがまま』と『リクエスト』の違い

『わがまま』は自分の欲求を

満たそう・通そうとして、

相手に無理をさせてまでも譲らないこと。

それに対し、

「自分の欲求はコレだけど、出来るか出来ないかを教えて」

なら、わがままを言うことに

ならないのではないだろうか?

要は、自分の気持ちを

素直に伝えることが出来る相手なら

問題ないと思う。

「相手との距離感」

親密な関係ほど「相手との距離感」

お互いに距離感

大切にしようとする姿勢が必要である。

もし、

一緒にいる時間を増やしたい!

と思うのなら、

相手を自分に惹き付ける魅力

高める努力をしなければならない。

努力もせずに

いつまでも自分の魅力を

出し続けることは不可能。

つまり、いつまでも魅力があり、

リスペクトされるお互いであること

望ましい。

他人に完璧を求めるな

人は完璧ではない生き物。

相手の要求のレベルが高いと

イライラが増えるはず。

そうすると

相手も自分を警戒するようになる。

こうした関係性は、

お互いにとって精神衛生上よくないはず。

むしろ、完璧な人間なんて

不自然過ぎる。

人の不完璧な部分も認めよう。

自分も不完璧でいいではないか。

お互いに不完璧でいい!

つまり、『完璧な人間はいない』

ということを常に意識していると、

相手のミス・相手の配慮不足など

大抵のことは許せるはずだ。

しかし、相手を気持ちを裏切るような

不貞行為は、もちろん対象外である。

相手の心に寄り添う大切さ

自分にとって大切な人だと思ったら、

自分の物差しで相手を測るではなく、

相手の物差しを理解することから始めたい。

本物の愛情・友情があれば、

相手に寄り添うことくらいは

続けることが出来るだろう。

行ってらっしゃい

私の会社の先輩の奥様は、

どんなに旦那と喧嘩しても

翌朝には 「行ってらっしゃい」

声をかけています!と仰る。

「何故?」と聞くと、

「もし、意地を張ってそれを言わなかった日に、

旦那が帰らぬ人になったら、

私はきっと後悔するからなんです」と語る。

結婚30年以上経った現在もである。

後悔しない生き方

後悔しない生き方のひとつとして、

自分が最適だと思う姿を描き、

それに向かって真剣に考えたことを

徹底的にやってみることだ。

こうして出た結果は、

どんな結果であろうとも納得出来るはず。

仕事も恋愛も同じである。

さらにこうした姿勢で生きていると、

不思議と生きるパワーが生まれてくる。

相手の行動は自分の鏡

相手が楽しい姿を見せるのは、

自分も楽しいから。

相手が自分を嫌っているのは、

自分もその相手を嫌っているから。

人間関係を良好なものにしたければ、

まずは

自分を変えてみる

ことを最初にやる。

結果に納得性を持つために、

まずはやり続ける。

それでも改善出来ない場合、

断捨離するしかない。

まとめ

大切な人が

  • 愚痴を聞いて欲しい!
  • 悲しみから解放して欲しい!
  • 苦しみから逃れたい!
  • 楽しみたい!
  • 笑っていたい!
  • 感動したい!
  • 喜びを感じたい!

というように、

大切な人がしてほしいことや

されたいことがあったら、

まず大切な人に

先にしてあげることが大事だと思う。

自分は後回しでも良いから。

大切な人が幸せになれば自分も幸せでしょ!

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました!