Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【年金生活】あなたは年200万円で老後の生活は大丈夫?

スポンサーリンク



【年金生活】あなたは年200万円で老後の生活は大丈夫?

日本人の平均寿命は83歳とある。

現在60歳定年制の会社であれば、

寿命まで23年。

その間、

消費増税・社会保険負担増をはじめ、

現役世代においては教育費の高騰により、

貯蓄に回す資金が不足している世帯が

多いのではないか。

特に40代、50代の世代で

家庭を持っている世帯は、

たいへん厳しいものと感じている。

このブログを書いている私は

その典型的な例である。

貯蓄に回せるほど資金に余裕がない!

とわかっていても、

今から老後の生活をより不安の無いように

対策を講じたいという意識だけは持っておきたい。

下級老人への道

老後の生活に

とても不安を頂いている方は、

数多く存在していると思う。

現役時代は、それなりに稼いで、

それなりの生活を維持できているが、

老後の生活が苦しくなり、

それが引き金となった悲惨な事件などを

ニュースで見ることがあるため、

老後の生活不安を感じることを

助長しているのはないだろうか。

自分は、ひょっとして下級老人への道を歩んでいるのではないか?

そんなふうに感じている方が多いのは、

10年前の40代・50代と、

今の世代とでは貯蓄額に大きな差

発生していることから窺える。

下級老人への道になってしまうその理由

老後に年金だけでは生活が苦しい

下級老人となってしまう理由として、

まず第一の要因は手取り年収の減少にある。

具体的には、厚生年金保険料

健康保険料・介護保険料といった

社会保険料が増加傾向にあること。

さらに、

配偶者特別控除の一部廃止や

年少扶養控除廃止などによって、

所得税・住民税の負担

上昇しているのもその理由となる。

このように10年前の同世代と

現役世代の額面の年収が等しくても

給与から差し引かれる各保険料や

税金が右肩上がりで増えている分、

手取りが減少していることが理解できる。

加えて、消費増税の影響

見逃してはならない。

2014年4月に消費税率が

5%から8%に引き上げられ、

そして今回10%まで

引き上げが予定されている。

年収500万世帯は7年間で30万円以上手取りが減少?

こんな試算データがある。

大和総研の「消費税増税等の家計への影響試算」(2015年度予算案反映版)

同資料では、

2011年〜2018年の家計の

実質可処分所得の推移

試算している。

この資料によれば、同じ年収でも

2011年と2018年では

実質可処分所得が

年間30万円以上も減っている

と指摘している。

(ケース⇒片働き、3歳以上中学生以下の子ども2人)

家計を圧迫する教育費

こうして可処分所得が

減少している中、

40代・50代の支出は

増加傾向にあると思われる。

その中でも大きな負担となっているのは、

やはり教育費である。

子供に十分な教育機会を与えたい!

親として当然の思いだ。

私も無理してまでも、

子供が行きたい学校に

進学させたいと思ってきた一人。

しかし、老後の生活のために、

貯蓄をしなくてはならない時期に

教育費が重くのしかかっているのが

事実である。

驚くことに、

昭和52年と平成25年で

教育費を比較すると、

大学初年度にかかる

授業料と入学金の水準は

私立大学で3倍、国立大学で5倍

となっている。

まとめ

我々50代はバブルを経験している世代だ。

傾向的に、この世代は消費好きとも言われ、

貯蓄に関して意識が少ない世代とも言われる。

しかし、すぐ目の前に来ている定年

そして年金支給までの空白期間、

さらに年金生活後の経済状況を想定すると

いかに貯蓄をしているのかが、

上級老人下級老人を決める重要な

ポイントであることに間違いはない。

定年再雇用制度を利用しても

現役世代と比較すると30%くらいは

収入が減少すると思われる。

もし、消費好きであることを自覚している

50代の方であれば、

少しでも支出を抑える工夫・意識を持って

老後の生活のための蓄えをする、

あるいは

長く働けるように健康でいる、

そして得意分野の仕事を伸ばす

人脈を作るといったアクションをしなくては

ならないだろう。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!