Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

老後の生活力 50代・60代でも長く働き続けるために

スポンサーリンク



老後の生活力 50代・60代でも長く働き続けるために

50代や60代であっても

仕事の依頼がどんどん入ってくる人々が

存在する。

こうした人々のように

老後の生活力がある人物に

なりたいものである。

高齢化社会ともなれば

当然の現象なのかも知れない。

我々が若い頃の50代・60代とは違う

我々が入社した頃の昭和終盤から

平成初期の頃の50代・60代と、

今の50代・60代と比較した場合、

今の50代・60代の方が

若く感じてしまうのではないだろうか。

この若く感じる50代・60代は、

トレーニングを行い身体を鍛える環境

が整っていることもあり、

また長く働かないと

生きていけない

という姿勢もその要因のひとつではないかと

思われる。

エグゼクティブ層であってもなお働き続ける

高収入であり、収入面においても

リタイヤしてもいいくらい、と言われる人も退職後、

なお働き続ける人も多い。

現役時代の人脈や

専門性を活かせる人々である。

特に、現役時代に知名度が高ければ

企業から声がかかるという。

確かに私の父は、

土木の世界では有名だったらしく、

70代であっても日給数万円で週に3日ほど

働いていた記憶がある。

勤務日数によっては、私の手取りを超えた

月があったのかも知れない。

定年後に声がかかる人物は現役時代の知名度が高い

こうして、

定年後にも企業から声がかかるのは

現役時代に身につけた能力

そのものが要因となっている。

つまり、現役時代の能力を高く評価し、

そしてその能力を欲するために、

企業はその人物に声をかける。

自分を外部に売れる能力と

言っても過言ではない。

稼ぐ力を身につけたい方へ

今、50代の方々。

定年後も働き続ける自信がおありだろうか。

もし内容であれば、

稼ぐ力を今のうちに

身につけておくことが必要である。

参考までに、私が実践してきた

ブログを使ったインターネットビジネス

教材をご紹介する。

この教材を購入し、

月に5万から10万、多い人では

100万以上稼いでいる方を

私は知っている。

教材費用は、それほど高くない。

自宅にパソコンがあれば、

誰でも取り組めるし、

年齢や性別も一切関係ない。

ただし、次の二つについては、

実際に取り組む前に認識していただきたいことである。

一つ目は、実際にブログを書いて

お金を得るまでの期間は相応にある

ということ。

ブログを書けばすぐに数万円手に入る、

というわけではない。

ブログに記事を書いても、早くて3カ月、

しっかり教材通りにやっていても、

そのくらいの期間は短縮できない。

何故なら、ブログで稼ぐためには、

キーワードを打ち込んで出てくる検索結果の

1ページ目に自分のブログが出現することが

必要であり、

立ち上げたばかりのブログは、

そう簡単に1ページに出現されることは

あまりないのである。

この報酬を得られるまでには、

3が月から半年くらい余裕を持って

取り組める環境が理想的である。

二つ目は、

教材の内容を忠実に守ることである。

こうした教材を使って実践していくうちに

自然と我流になってしまい、

教材とは異なる取り組みをしてしまう人が

実に多い。

こうした方々は、

報酬を得ることが出来るようになるまで、

教材の内容を疑ってしまい、

他のノウハウに走ってしまう傾向にある。

そして、他のノウハウでも報酬が得るまで

我慢が出来ず、また他の教材に手を出す。

このような人をノウハウコレクター

読んでいる。

世間では、

「誰でも簡単に稼げます!」

というキャッチフレーズで

実現可能性が低い教材を販売する

輩もいるので、

どうしても信頼出来ないという

イメージがあると思う。

私がご紹介する教材は、

私自身が購入し実践して実際に

報酬を得ることが出来たものである。

仮に月に5万でも年間60万円。

5年間でなんと300万円得ることが出来るのだ。

今から半年、一年後に

月5万・10万の収入

毎月得ることが出来るだけでも

老後の生活のための

貯蓄の足しには大いに貢献するだろう。

大学生・主婦の方も

この教材を使って報酬を得ているのが

現実である。

ご興味が少しでもあるのなら、

下のバナーをクリックして、

教材の内容をあなた自身で

確かめてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。