Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

50代からが特に危険!足の異常感覚を感じたらすぐに専門医へ

スポンサーリンク



身体の衰えは足から始まる・・・そんな言葉を聞いたことがある方も

いるだろう。

歩行やジョギングなどの足を使う運動は、

動脈と性脈の両方の老化を防ぐことが

研究により明らかになっている。

また、足に現れる様々な症状は、

臓器の異常を知らせるアラームのような

ケースも多々あり、

こうした足の異常を感じたら、

すぐに専門医の診察を受けられることを

おすすめする。

50代からが特に危険!足の異常感覚を感じたらすぐに専門医へ

人は直立二足歩行が可能な

唯一の生物である。

この事実からも、生物として足が

とても重要な部位

であることは容易に

理解出来ることである。

ご存知のように、

足が我々の生活における役割は

想像以上に大きく、

血管・神経・内臓の病気といった

身体の異常を知らせてくれる場合もあり、

こうした症状を見逃すと、

ケースによっては命を落としかねない。

今回の記事は、足に現れる症状

想定される病気について

調べてみたのでご紹介したい。

片足が動かない!ひょっとしら脳卒中の初期症状?

例えば、帰宅してリビングのソファで

しばらくくつろいでいる時、

立って寝る準備をしようとした瞬間、

突然足に力が入りにくくなった。

そのうち、全く足に力が入らなくなり、

歩くことも立つことも出来ない。

このような症状が出た場合、

足の病気ではなく、脳卒中の初期症状である

可能性が高いという。

後遺症を残さないで、早期回復を目指すのなら

緊急要請をして脳神経外科の専門医が

待機している病院に搬送を依頼するのが

最適である。

足の痛みで休み休み歩くことになってしまった場合

上記タイトルのような症状が出た場合、

動脈の病気を疑った方が良い。

高齢者なら脊柱管狭窄症など

腰椎の病気を疑いがあるが、

50代頃から

片足の痛みが頻繁に続くようであれば、

動脈の血行障害を疑ってみる。

30代頃から生活習慣病を抱えていた方は、

40~50代において、

動脈硬化による症状が出てくるようだ。

足の冷え、しびれ、痛みといった症状を指す。

大事に至らないためにも

こうした症状が出た場合は、

やはり専門医の診察を受けてみよう。

足の痛みは心筋梗塞や脳梗塞の予兆

かもしれない。

まとめ

50代ともなると、

これまで無理してきた部分が

痛みなどの症状に出てくる可能性がある。

単なる運動不足、という感覚を持つのではなく、

今回のテーマにある「足」の重要性を認識され、

ご自身の健康を守りたいと思われる方は。

これから何十年という年月を

健康に過ごすためにも

ウエイトコントロールをはじめ、

生活習慣の見直しを図ってみてはどうだろうか。

人生最期の迎える瞬間、

病院のベットなのか、それとも自宅なのか、

苦しい思いをするのか、

それとも自然と目を閉じるのか、

その選択肢はあなた次第である。

最後までお読み頂きまして、

ありがとうございました!