Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脳の老化「新しいことを学べない脳」睡眠不足でカスが溜まる?

スポンサーリンク



脳の老化「新しいことを学べない脳」睡眠不足でカスが溜まる?

脳と言う臓器はご存知の通り、

精密機械のようなものである。

コンピューターで例えると、

マザーボードにある無数の回路と言う

表現の方がしっくりくる。

このマザーボードにある無数の回路

脳の神経細胞であるニューロン

人間は、脳を使い続けていると、

その神経細胞にカスが溜まって行くと言う。

カス、つまり脳で生成される老廃物は、

ニューロンとその繋ぎ目のシナプスとの間に

溜まるそうだ。

この老廃物の代表格、アミロイドβという物質。

アミロイドβは、ニューロンの表面にある

タンパク質から生まれると言われる。

しかも、50代以前から溜まり始めるそうだ。

このアミロイドβは、

年齢が若い頃には逐次分解される。

脳の老化防止は睡眠が大事

カスの代表格であるアミロイドβは、

睡眠によって洗い流させると学者は指摘している。

健康な高齢者の脳にも30%程度の

アミロイドβが蓄積されるようだが、

恐ろしいことに、

アルツハイマー病の患者の脳を調査すると

なんと90%以上アミロイドβ

溜まっているというデータがあると言われている。

睡眠が何故良いのか?

という話になるが、

睡眠中は神経細胞が縮んで大きな隙間を作り、

老廃物を洗い出していることがわかった。

その神経細胞の隙間を埋めている

グリア細胞という細胞があるのだが、

この細胞ははみっちり血管で

埋め尽くされている細胞。

睡眠中には、

グリア細胞が縮んで隙間を作り、

老廃物を流し出す

ということまで解明されている。

このグリア細胞

神経細胞の間を埋めるだけではないようだ。

ある種の突起を延ばして

脳内の動脈の周囲を包み込む。

そして

血管の外側に狭い隙間を作り、

脳脊髄液はこの隙間を伝って脳の細部に

入り込む。

神経細胞の周囲にリンパ液として滲み出し、

睡眠中に神経細胞の周囲の空間が拡がった結果、

神経細胞を洗い流すリンパ流は大幅に増加。

昼間よりもさらに

効率よく老廃物を回収できるようになる

というメカニズムだとされている。

そして、老廃物を含んだリンパ液は

今度は静脈に沿って脳外へと運び出されることとなる。

脳の老化について、調べていると

このような記事がたくさんあったので

まとめてみた。

脳の老化について、関心がある方は

下記の書籍を参考にされることをお勧めする。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!