Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

老後資金3000万円でも破綻?老後資金が急減した夫婦の危機

スポンサーリンク



老後資金を3000万円貯めても

やがて破綻を迎えてしまう。

定年退職を数年後に控え、

50代の方なら

どのように老後を過ごすのか

当然考えていらっしゃるだろう。

受け取り可能な退職金は、

企業によっては昔と比較すると

減額になっているところもあるという。

そんな状況の中、

老後資金のために再雇用制度を利用し、

継続して会社に勤務する方も

たくさんいると思う、

老後資金3000万円でも破綻?老後資金が急減した夫婦の危機

今回は、老後資金3000万円を貯めても

資金が急減した夫婦の例を挙げて

これからの老後生活において

どのようなことに注意しておくのが良いのか、

私なりに考察した記事である。

子育て終了後の生活レベルが鍵となる

何と言っても

現役時代に蓄えておくことが必須である。

しかし、これだけでは

老後の生活が安泰とは言えない

のだ。

何故なら、

生活レベルを縮小することを忘れてしまい、

せっかく蓄えた資金が底をつくという

ケースが実際にあったからである。

3000万円の蓄えがあっても破綻したケース

この方をBさんとする。

このBさんは、退職金2000万円、

そして再雇用用時代を含めて1000万円、

合わせて3000万円を65歳まで

蓄えることが出来る見込みであった。

ただし、

住宅ローンが70歳まで残っていた。

Bさんの見込みだと、

繰り上げ返済を行い再雇用時代に

完済するつもりであったが、

それは実現出来なかった。

ちなみに持ち家で、かつ、

定年後には住宅ローンが

完済する見込みの方は

あまり危惧されることはないと思うが、

現在賃貸住宅にお住まいで

持ち家がない方は、

家賃負担が老後に大きくのしかかる

のでそのあたりを

考慮されることが必要である。

Bさんには妻がいる。

この妻はずっと専業主婦で収入はBさんの

給料のみであった。

子供が小さい頃は節約を意識し、

子供が巣立ったら、

これまで我慢してきたことに

お金を投じるようになった。

その時点で家計は全体的に

支出が多めの状態となってしまったのだ。

そして、そのまま夫の定年を迎えた。

生活レベルを維持するために貯蓄に手を出す

こうして生活レベルを維持するための

支出を減額しなかったため、

貯蓄を切り崩してきたこと

が破綻の原因となったのである。

ポイントは生活費の削減と貯蓄の維持

この貯蓄の切り崩しにより、

3000万あったものが2000万円に。

夫の再雇用時代に、

生活レベルを維持したために、

1000万円もの大金を切り崩してしまったのだ。

しかもまだ

住宅ローンが1000万円残っている。

こうしてこのBさん夫婦は、

もくろんでいた65歳時点の貯蓄3000万円

夢となってしまったのである。

限りある老後資金は計画的に、そして大切に使うこと

基本的考え方として、

受給する年金で生活費全般を充当し、

緊急を要する資金は貯蓄で充当する、

ということが適切だと考える。

そして、Bさん夫婦のように生活レベルを

下げずに暮らすことなく、

計画的にお金を使う

という意識を持つことも必要である。

我々50代は、目前控える退職、

そして年金受給の年齢に達するまでの

空白の数年間

をどのように過ごし、

どのように貯蓄をしていくのか、

それが老後の生活を左右すると言っても

過言ではない。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!