Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

50代前半で早期退職を検討している方へ その1

スポンサーリンク



50代前半で早期退職を検討している方へ その1

さて、50代前半で、

早期退職を考えている方も

いらっしゃる事だと思う。

出来ることなら、私もそうしたい!

しかし、早期退職するためには、

住居費と生活費をどのように

工面するかがポイントとなるはず、

早期退職したいその理由

社畜と呼ばれる今の立場から

脱したいと言う理由もあるだろうし、

職場の人間関係に疲れたと言う

理由もあると思う。

諸外国とは違い、

日本の場合は早期退職の理由として。

後ろ向きな考えで

検討される方が多いと想像する。

役職定年がキーワードか?

企業によっては、50歳を超えると

役職定年となり、

閑職に追い込まれるケースもあるだろう。

閑職に追い込まれた途端、

やる気を失ってしまうことが

容易に想像できる。

長年努めてきた会社に対し、

尽くしてきた自負もあり、

閑職に追い込まれた方々は

いたたまれない気持ちになるのは

私も察するところである。

閑職の立場になると

年下の部下に仕えることになるケース

一番堪えるのではないだろうか?

40代後半の頃、一時的であったが

ひと回り下の上司に仕えることとなった。

その時思ったことは、

今まで苦労が簡単に打ち消され、

これまでの

努力が無になったような気がした。

しかも、パワハラによるメンタル不全を

発症したことを背景に、

管理職を解かれたという

納得のいかない状況にあった時のことで

あった。

早期退職と教育費負担

仮に今、前述のような背景により

早期退職を申請しても、

まだまだ子供の教育費がかさむ時期であり、

やはり退職するには

資金的な問題を残している。

住居費は

一戸建てに住んでいる場合であっても

ローンが残っているし、

生活費においては切り詰めることをしても

たかが知れている。

その上に教育費の負担となると、

早期退職

不可能であると判断

せざるを得ない。

明日の記事に続く