Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過剰反応をしてしまう哀れな人々

スポンサーリンク



過剰反応をしてしまう哀れな人々

どの会社にも、

絶大な権限・権力をもった人物がいると思う。

その人物の行動や言動次第では、

組織の栄枯が決まってしまう可能性がある。

その一つに、

絶大な権限・権力を持った人物に

対する過剰反応によるコストの発生が挙げられる。

画像引用元:https://goo.gl/kptJQK

大抵の上級管理職は、

自分のよりさらに上の上席から

「怒られない仕事」をしようと常日頃から

神経を集中している。

これを自己の防衛本能から生じる

過剰反応と私は指摘したい。

こうした人々が出す過剰反応が

さらに下層に位置している社員の生産性を

低めているメカニズムを理解し、

改善をしようとする上級管理職は、

残念ながらわが社には見当たらないのが

事実である。

人間の防衛本能を甘くみるな

防衛コストに関する記事でも書いたが、

基本的に人間には防衛本能が備わっており、

自分の身に危険が迫っている時は、

無意識に防衛本能が働くように

インプットされている。

参考記事:会社における防衛コストについて

上席に怒られることを恐れている人物は、

上席の一言一言に過剰に反応し、

「怒られないための仕事」に夢中になるはずだ。

画像引用元:https://goo.gl/hDEz7p

簡単な話。

自分の社内的立場を守るために、

恐れている上席の一字一句も漏らさず

メモを取りまくり、

その上席に提出する資料には、

上席の話に出たキーワードを羅列した資料

大変好むだろう。

しかも、このような資料の作成者は

得てして自分の部下に命じて作成させるため、

自分自身が気に入るまで

何度も何度も作り直させる。

これが本当に時間の無駄であり、

部下にとっては甚だ迷惑な業務である。

とても無駄な時間であり、

生産性を下げる要因でもある。

人間の防衛本能が要因となって

生産性の低くする一例ではあるが、

おそらくどこの会社でもこのような事例が

実際に起こっていると私は推測する。

会社全体の生産性が下がる要因

こうして上級管理職が部下に

自分の防衛本能過剰に反応した結果、

自分が満足するまで仕事を押し付けていくと、

組織の深層部分までこの影響が浸透していく。

つまり、会社全体が組織における

絶大な権限・権力の持つ人物に対し、

「怒られない仕事」をする風土になっていくため、

本当にしなければならない仕事から

絶大な権限・権力の持つ人物が

満足するような仕事を目指すようになるという

ことである。

画像引用元:https://goo.gl/gXvE66

もちろん、その人物に先見性があり、

将来を見据えた必要な投資や仕組みを

創ることを明確に指示していたり、

適切な人材育成を続けていくことの重要性を

感じて教育部門の充実化を図ったりするような

「有能な経営者」であれば良いのだが・・・

部下たちのご機嫌取りに満足し、

自分の保身のための仕事を推進するような

上級管理職の元では、社内全域に

「防衛本能」むき出しの社員が増加し、

職場風土が悪ければ退社に、

退社後は在籍していた会社の批判を

平気でその会社とは無関係な人々に話す。

そのような話がSNSで拡散し、

尾ひれがついて大袈裟な話に変化し、

その会社が取り扱う商品・サービスに対する

酷評され芽生えてくると、

当然会社の実績は急降下することになる。

たった一人の行動と

それに過剰反応をしてしまう人々で

組織の生産性を低下させてしまう

この「恐ろしさ」は、

実際に業績悪化による倒産を経験した方ではないと

なかなか理解が出来ないかも知れない。