Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

上司が無能だと思うとき 特徴をあげてみる

スポンサーリンク



上司が無能だと思うとき 特徴をあげてみる

会社員の方なら自分の上司に

「コイツ、何言ってんだ?」

思ったことを少なからずあると思います。

私だけでしょうかね?

画像引用元:https://goo.gl/ebYtr2

「日本企業は「忖度オヤジ」の巣窟か?」

について

日本企業の特徴を書いたのだが、

具体的な指示やゴールを明確にせず、

部下が考えた施策や企画を評論して、

自分の上席が承認するような体裁に

整えることが得意な

上級管理職がいる傾向にあると

評価しています。

無能な上司のひとつのパターン。

抽象的な指示を出し、

アウトプットが自分の意図と乖離があった場合に

良く使う無能な上司の言葉は

「私の言ったことを良く考えたのか?」

であります。

私はあなたの妻でも親でもないので、

あなたの頭にあることなんて

理解出来るはずもない!と

思ってしまう(笑)

部下に自分の思い通りのアウトプットを

求めたいのであれば、

「具体的な指示を出せ!」では

ないでしょうか。

会社と戦場を比較することが

私は多いですが、

生命の危険が迫っている状況では

部下を守りたい上官は、

その戦闘に勝ち、

出来るだけ負傷者を出さずに戦闘を

終えたいと思うでしょう。

画像引用元:https://goo.gl/ZNX17k

そうなると、

勝つための具体的な戦術を考え

その戦術の通りに兵を動かすために

より理解しやすい話を行い、

戦場に向かうはずなのでは???

会社で置き換えて考えると、

上司は抽象的な指示を出すのは

部下に対する「愛情」がないからだと

思っています。

画像引用元:https://goo.gl/RciDnG

確かに

部下に考えさせる場面は必要。

部下に考えさせえる場面は、

出てきたアウトプットを

自分と部下で確認し、

そのアウトプットのプロセスを

部下に説明を求めた時に、

自分との相違点を気がつかせるのが

部下にとって適切な指導場面だと

私は考えています。

出てきたアウトプットを否定し、

しかも十分な対話の時間を取らず、

場合によっては

メール一本で自分の部下が思い通りに動く

勘違いしている管理職が

周りに多々いるのが残念。

管理職は部下を動かしてなんぼ!

管理職は部下を育ててなんぼ!

管理職は組織を活性化してなんぼ!

です。

画像引用元:https://goo.gl/mQ79Mr

それを勘違いして

パワハラ行為を繰り返す性格異常者

部下のエラーを指摘するだけの評論家

ゴールや目標を明確にしない指揮官

自分の考えを持たない風見鶏

という管理職がいる職場は

本当に残念で仕方がありません。

こうした特性のある管理職が

要職に就いている場合、

「防衛コスト」が

組織のところどころに発生し、

組織全体の業務効率が下がり、

やがて業績が低迷します。

このような

組織衰退のメカニズムに気づき、

思い切った風土改革を行うことが

業績低迷の会社に

一番必要なアクションでは

ないでしょうかね。

それなのに、

業務フローの見直しやシステム化の推進

組織変更や人事異動といった

見せかけの改善を行っても

一向に業績は回復しない。

私のように

しがない中間管理職が出来ることと言えば、

同じ感覚を持つ社員を

どれだけ増やすかが仕事。

特に

これから会社を背負って立つ

「心ある社員」を探し出して、

組織を変えるために

本来彼らが持っている力を

発揮できるような場面を創り上げたい、

このような意識をもって

後輩社員に接していくことを

小さい動きですが心がけています。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!