Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

愛着のある仕事との別れは宿命である

スポンサーリンク



愛着のある仕事との別れは宿命である

会社員であれば、人事異動はつきものである。

私の場合、愛着があり気合を入れて取り組んできた

ある取り組みが、親会社への出向という形で

手から離れてしまったことがある。

画像引用元:https://goo.gl/X6Z4xt

愛着のある仕事

いつかは自分の手を離れてしまうことを

覚悟しながら取り組む、

そんなことを思いながらこの記事を書いていく。

人事異動という要因で愛着のある仕事から

手が離れる場合もあるし、

女性であれば産休明けに職場復帰をしたら

愛着のあった仕事に就けないという場合も

あるだろう。

会社員であれば、会社の意向に沿うことが

必然的になるだろうが、

個人的には「何の仕事をするか?」よりも

「誰と仕事をするか?」の方が

とても大事だと思っているため、

新しい仕事に就いた場合は、

「誰と?」に注目をして仕事をしてきたつもりだ。

参考記事:人生を変えるセルフイメージを高める方法

今、大きなプロジェクトを任されている。

そのメンバーは気心知れた、

そして言いたいことが何でもお互いに言える

人物数名で構成されている。

  • わからないことはわからないとはっきり言える
  • 互いの意見に聞く耳を持っている
  • 異なる意見を言う場合は代替案をセットで言う

というように、

何かの課題や問題をクリアにするために、

時間を忘れて議論するようになってしまった。

そのプロジェクトは、全メンバーがこれまで

経験したことがない取り組みであるが故、

徹底的に知らないことを知ることから始まり、

情報共有、有識者の考えや意見など

そのプロジェクトを成就させるために、

暇さえあればプロジェクトのことを考えるメンバーばかりだ。

画像引用元:https://goo.gl/Xj6hxb

いずれそのプロジェクトは終わりを告げ、

その仕事をベースにした発展系の仕事が

私たちに降りかかってくるのは間違いない。

しかし、定年という避けては通れない壁に

必ず突き当たるのである。

その瞬間、愛着のある仕事は私の手から

離れてしまうのだ。

その時には

「粉骨砕身の気持ちで取り組んできた自負」

を持ち、喜んで後輩にその仕事を渡せる

自分になりたいと思っている。