Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女の人生は男で決まるのか?

スポンサーリンク



女の人生は男で決まるのか?

女の人生は男に決まる!? バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ 主人公の母がとった選択肢の結末を“比較”

上記のウェブサイトを読み、

今回は「女の人生は男で決まるのか?」に

ついて持論を書きたいと思う。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは、

我々50代が20代の頃に公開された

洋画と記憶している。

映画館でご覧になった50代も

多い事だろう。

この映画を振り返ってみると、

確かに女性の人生は男性で決まる

そんな感じもするが、

男性の私の立場からすると、

どっちもどっちという感じ方である。

結婚をすると、

自分の人生の一部に妻

子供が生まれれば子供も

自分の人生に加わることになる。

それが家族というもの。

こうして考えると、

女性の人生は男性で決まると言う側面もあり、

一方で男性の人生も女性で決まると言う側面が

あると思う。

子供にとってみれば、

両親によって人生が変わってくるだろう。

息も詰まるような窮屈な家庭環境

育てられた子供と、

自分の意見を自由に言えて

のびのびと育てられた子供と両者を比較すると

その将来は容易に想像がつく。

画像引用元:https://goo.gl/gi9frd

結婚をするということは、

互いの人生に大きく影響を与える

人生の大きなイベントであるから、

どっちの存在で人生が決まるというような

議論は、結論からしてナンセンスだと

私は思っている。

かつて記事にした

男を大金持ちにする妻、落とす妻の法則

では、

夫に出来るだけ多くのお金を

家に入れてもらうための

理想の妻はどんな妻なのか

という内容であったが、

結局妻としての幸せ、

簡単に言うと

経済的余裕を生み出すための

夫に対する付き合い方について考察した

記事である。

また、結婚と言う形を取る以上は、

その責任は五分五分

夫が働いて家に持ち帰る給料は

夫のものではなく、家庭のものである。

妻が行う食事の用意から数々の家事は、

妻の労働という味方ではなく、

家庭を維持するための

貴重な役割を果たしていると言えよう。

これは子育てもその役割の一部だ。

画像引用元:https://goo.gl/gi9frd

このブログを書こうと思ったきっかけは、

こうした「五分五分」の姿勢を無くし

今自分がおかれた厳しい環境は私の責任だと

いわんばかりに

妻が文句を言い続けてきた結果である。

そうなると、

「五分五分」の家庭を維持する

基本的な思想がなくなり、

どちらか一方が悪者になることで、

悪者にした方が気が済むということになり、

悪者にされた方は、家庭に目を向けることを

しなくなることだってある。

自分の人生だから自分がしたいように

出来る時はそれをすればよい。

自分の人生だけと、

優先順位の高いものと判断したら

それを大切にすればよい。

子供が夫婦の手から離れたあと、

自分の人生を最優先にするか、

あるいは相手と歩む人生を最優先にするか、

我々50代の夫婦はどの道を選択するのか

決断が迫られていることを認識して

置かなければならない時期であると思う。